「スカーレット」喜美子が新たな決意…16週のあらすじ

あのとき拾ったカケラを見つめる喜美子
あのとき拾ったカケラを見つめる喜美子 - 提供:NHK

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土、総合・午前8時~ほか)が1月20日から16週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

喜美子が久々に童心に…「スカーレット」第16週【画像】

 「スカーレット」はヒロインの喜美子(戸田恵梨香)が焼き物の里として知られる滋賀・信楽を舞台に、陶芸の道で奮闘していく物語。1月20日からは第16週「熱くなる瞬間」に突入する。

[PR]

 八郎(松下洸平)が個展の下見で不在の間、作陶に精を出す喜美子。久しぶりに照子(大島優子)と信作(林遣都)が訪れ、童心に戻ったような時間のなかで喜美子はかつて拾った信楽焼のカケラを二人に見せる。一方、百合子(福田麻由子)は信作への恋心から不安を募らせ、三津(黒島結菜)に相談。信作はきちんと結婚を申し込む。

 東京から戻ってきた八郎だが、意外にもジョージ富士川(西川貴教)と一緒だった。カケラの色合いを出すためには、釉薬(ゆうやく)をかけずに薪の炎で焼かねばならないと知り、喜美子は挑戦の思いを語る。そんなとき、工房の電気窯が壊れてしまい、八郎は穴窯(あながま)を設えようという。待ち受ける困難を知りつつも、喜美子は八郎の強い勧めもあって、穴窯作りを決意する。

 庭に完成した穴窯に火入れし、ついに作品を焼くところまでこぎつける喜美子。そんななか、八郎と三津の距離は近づいていて……。

 連続テレビ小説101作目となる「スカーレット」。新たに八郎と喜美子の工房に弟子入りした三津が熱い視線を集めている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]