異世界居酒屋「のぶ」大谷亮平&武田玲奈でドラマ化!監督・脚本に品川ヒロシ

ドラマ「異世界居酒屋『のぶ』」の武田玲奈と大谷亮平
ドラマ「異世界居酒屋『のぶ』」の武田玲奈と大谷亮平

 シリーズ累計発行300万部を記録する人気小説「異世界居酒屋『のぶ』」が、主演に大谷亮平、共演に武田玲奈を迎え、WOWOWプライムで実写ドラマ化されることが明らかになった。連続ドラマ初挑戦となる品川ヒロシが監督と脚本を務め、5月から全10話が放送される。

【画像】セットにも注目「異世界居酒屋『のぶ』」

 作家・蝉川夏哉(せみかわ なつや)が原作の「異世界居酒屋『のぶ』」は、中世ヨーロッパ風な異世界の古都・アイテーリアとつながってしまった、京都の居酒屋「のぶ」が舞台のグルメファンタジー。異世界の住人たちが、おでんや唐揚げ、生ビールに日本酒と、庶民的な居酒屋グルメに舌鼓を打ちながら繰り広げる、庶民的で温かな人間ドラマが支持を集めている。

[PR]

 小説投稿サイト「小説家になろう」で2012年から連載され、2014年に宝島社で書籍化。2015年からは「ヤングエース」(KADOKAWA)でコミカライズ版がスタートし、2018年にはアニメ化もされた。その他にもスピンアウト作品や公式レシピ本の刊行など、多種多様なメディアミックスが展開されており、満を持しての実写化となる。

 大谷が演じるのは、食に一途で職人気質な「のぶ」の大将・矢澤信之。ファンタジーと居酒屋が同居する、一風変わった世界観を体験した大谷は「本式の居酒屋は海外でも人気があり、今や世界に誇れる日本文化の一つとも言えると改めて思いました」とコメント。本作のもうひとつの主役である料理シーンにも「思わずつまみ食いをしてしまう程に、美味しく見応えのある料理が沢山出てきます。その一つ一つの料理から広がる数々のエピソードによって、ご覧いただくみなさまにも、まるで異世界居酒屋に迷い込んだ様な感覚で堪能して頂けると思います」と自信を見せる。

 また、武田は「のぶ」の看板娘・千家(せんけ)しのぶ役で出演。普段からアニメ・漫画に親しみ、“異世界もの”も大好きなだけに「脚本も、原作小説や漫画にすごく忠実でワクワクした気持ちで撮影に臨みました!」と歓喜。「小説は小説、漫画は漫画、ドラマはドラマならではの面白さがあると思います! 原作ファンの方もそうでない方も是非お腹が空いている時に見てみてください!(笑)究極の飯テロです!」と語っている。

[PR]
画像テキスト
原作1巻書影『異世界居酒屋「のぶ」』(C)蝉川夏哉・転/宝島社

 一方、『ドロップ』(2009)、『Zアイランド』(2015)など、映画監督として数々の作品を発表している品川だが、「この原作を僕が脚本・監督でというお話をいただいた時は正直ビックリしました」と告白。「このヨーロッパ的な世界観をどうやって実写化するんだ?」「今までアクションの多い作品を撮ってきた僕がほっこりとする作品を撮れるのか?」と疑問が頭をめぐったが「日本人が異世界の人間を演じるので安いコントになってしまわないように、とにかくセットと絵作りにこだわりました。そして料理を美味しそうに撮る。全キャストを魅力的に撮る。原作を最大限リスペクトしつつ、実写ならではの良さが出るようにこだわりました」と明かしている。

 撮影は2019年11月から都内を中心に行われ、12月末にクランクアップ。品川監督の言葉通り、こだわり抜かれたセットには、原作者の蝉川も「この作品を実写にする際に一番のネックになるのが異世界の文物だろうなと思っていたのですが、撮影のセットも小道具も大道具も本当に見事なできばえで、早く皆さんにご覧頂きたいです。そして、居酒屋『のぶ』! この内装が実に拘っていて、とても細かいところまで入念に作られているのが実に素晴らしかったです」と太鼓判を押す。「撮影現場は肌寒かったのですが、ちゃんと美味しいご飯も用意されていて、食への拘りを感じました」。

 「のぶ」を訪れる個性豊かな登場人物たちのキャストは、後日発表予定。第1話は無料放送される。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]