「スカーレット」信作&百合子の夫婦に…21週のあらすじ

百合子と信作に何が?
百合子と信作に何が? - 提供:NHK

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土、総合・午前8時~ほか)が2月24日から21週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

信作&百合子のツーショット【写真】

 「スカーレット」は焼き物の里として知られる滋賀の信楽の地で、ヒロインの喜美子(戸田恵梨香)が男性ばかりの陶芸の世界で奮闘していく物語。2月24日からは第21週「スペシャル・サニーデイ」に突入する。

[PR]

 大野一家が営むカフェ・サニーでは、大野(マギー)と陽子(財前直見)の夫婦が有馬温泉へ出かけることになる。店は、いつも手伝っている百合子(福田麻由子)が切り回し、信作(林遣都)が手伝いをする。信作の不器用なマスターぶりに、にこにこしてしまう百合子。そこに敏春(本田大輔)がやってくる。

 思い出話をする中で、かつての「信作と13人の女」の話題に……。信作と百合子の微妙な雰囲気をとりなすため敏春が妻・照子(大島優子)のことを愚痴っていると、そこに本人が現れる。今度は懸命に照子の機嫌を取り結び、仲直りしたところで、近藤彬(中山義紘)という百合子の中学時代の同級生が登場する。

 好青年の近藤は、柔道の心得がある警官で、百合子を憎からず思っていたらしい。楽しそうに話す2人にいらつく信作。照子に釘をさされていたにもかかわらず、みんなが帰って、百合子と2人になるとねちねちとからんでしまう。百合子が怒って飛び出した後の店で、慣れない信作はてんてこ舞いする羽目に。戻ってきた百合子は……。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]