ボブ・アイガー、ディズニーCEOを即時退任

トム・ホランドにスパイダーマンMCU残留をお願いされたことでも知られるボブ・アイガー
トム・ホランドにスパイダーマンMCU残留をお願いされたことでも知られるボブ・アイガー - Charley Gallay / Getty Images for Disney

 ボブ・アイガーが現地時間25日、米ウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOを即時退任した。同日から新CEOとなったのは、ディズニーパークおよびリゾート事業を担当するディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツの社長だったボブ・チェイパックだ。

【動画】ディズニー/ピクサー新作『2分の1の魔法』予告編

 アイガーは2005年からCEOを務め、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルム、21世紀フォックスと次々に買収。動画配信サービス「Disney+」も立ち上げ、ディズニーを他の追随を許さぬほどに大きく成長させた。フォックス買収で合意した2017年、アイガーの任期は2021年まで延長されたが、今回それを待たずしてCEOを退任することに。米CNBC局のインタビューに応じたアイガーは、その理由について「我々にとって次なる優先事項は、クリエイティブ面を確固たるものにすること。わたしがそれをやるためには、日々の会社の運営の仕事を引き継いでもらうしかない」と説明。2021年末まではエグゼクティブ・チェアマンとして、クリエイティブ面に注力していくと明かした。

 ディズニー約100年の歴史で7人目のCEOとなることになったチェイパックは「わたしにとって、エグゼクティブ・チェアマンとしてアイガーがいることは素晴らしい特権」とコメント。2021年末まではある意味移行期間とみなされているようで、アイガーもそれまでチェイパックを支えていくと語っている。(編集部・市川遥)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]