ADVERTISEMENT

衝撃のラストに発狂!「恋はつづくよどこまでも」次回予告に“キュン死”

毎話目が離せない!(写真は1月撮影)
毎話目が離せない!(写真は1月撮影)

 上白石萌音佐藤健が共演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(火曜22時~TBS系)の第8話が3日に放送され、衝撃のラストに発狂し、次回予告に期待を膨らませる視聴者が続出した。

落ちる人続出!天堂先生フォトギャラリー【写真20枚】

 円城寺マキの同名コミックを基にした「恋はつづくよどこまでも」は、新米看護師・佐倉七瀬(上白石)と“魔王”の異名を持つ超ドSドクター・天堂浬(佐藤)の恋模様を描くラブストーリー。胸キュンシーン連発の王道の恋愛ドラマで、毎話話題を呼んでいる。(以下、第8話のネタバレあり)

ADVERTISEMENT

 第8話では、入院患者・上条周志(清原翔)をめぐって七瀬と天堂の関係にひびが入った。七瀬に想いを寄せる上条は、天堂を訴えることで彼の仕事を妨害。七瀬に自分と一緒に転院先の病院に来れば、訴えを取り下げると迫る。苦悩する七瀬は、上条の誘いを断り、天堂とも離れることを決意。実家近くの診療所に再就職したが、不意にかかってきた天堂からの電話に涙を浮かべながら元気なふりをする。そこに、いるはずのない天堂が現れ、七瀬の後ろから優しく抱きしめた。

 かっこ良すぎる感動の再会にネット上では「いやあああ」「最後!本当にやばい!!」「心臓止まりそう」「わかっていたけど想像を超えてきた」「佐藤健は神」などの絶叫コメントが多数。これまで黒が多かった天堂の洋服がベージュ系の明るい色合いに変わったことも「最高」と注目を浴びた。また、上白石と佐藤の熱演は視聴者の涙も誘っている。

 本編終了後には第9話の予告編が流れ、二人の愛が高まる中、自分に色気がないと不安になった七瀬が作戦を実行する様子が映し出された。最後に天堂が七瀬の両頬に手を当てながら「俺がどんだけ我慢してると思ってんだ」という場面が明らかになると、次週に対する期待がグッと高まり、すでに“キュン死”を宣言する人も多く見られた。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT