今夜最終回!「知らなくていいコト」ケイト&尾高さんに話題集中

「知らなくていいコト」最終回より。尾高さん(柄本佑)とケイト(吉高由里子)
「知らなくていいコト」最終回より。尾高さん(柄本佑)とケイト(吉高由里子) - (C)日本テレビ

 吉高由里子主演のドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系・毎週水曜よる10時~)が本日(11日)、最終回を迎える。吉高演じるヒロイン・ケイトと尾高(柄本佑)の関係、30年前に起きた事件の真相、闇落ちした野中(重岡大毅)の豹変ぶりなど、視聴者をハラハラさせてきた数々の出来事が決着を迎えようとしている。(※前回・第9話までの展開に触れています)

【写真】尾高さん&ケイトの最高の2ショット

 政治家の不正から芸能人のスキャンダルまでを追う週刊誌「週刊イースト」のエースとして活躍する記者・真壁ケイトの日々を追う本作。突撃取材&編集部員たちとの連携プレーで世間を揺るがすスクープを送り出してきたケイトだが、自身の父が30年前に世を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫)だという秘密に苦しんできた。そんなケイトを、妻子を裏切る罪悪感を抱えながら時には身を挺して守ってきたのが、かつての恋人の尾高由一郎だ。一方、ケイトの元婚約者で連載班の野中春樹は、そんな2人の仲に嫉妬し、ケイトの秘密を世間に暴露するという暴挙に。しかし、憎しみと罪悪感にがんじがらめになった野中は編集部内でも孤立していく。

[PR]
知らなくていいコト
乃十阿は真相を口にする日は訪れるのか……?

 最終回では、ケイトが乃十阿の事件の真相を突き止めるため、今はピアニストとして活動しているという乃十阿の息子に会うためドイツへ。当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとする尾高に複雑な思いを抱く一方、帰国したケイトを待ち構えていたのは、事件の真相に関する手記を書けという編集長・岩谷(佐々木蔵之介)からの指令。ケイトは、乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、息子の人生を狂わせるような記事を発表することに葛藤する。

知らなくていいコト
編集長・岩谷(佐々木蔵之介)から「身内のことになると、おじけづくのか?」と迫られるケイトだが……

 果たして、ケイトは事件の真相とどのように向き合うのか。「結婚しよう」という尾高にどう応えるのか。最終回の予告動画では、会社を休み続けていた野中が編集部で「真相スクープに真壁さんを売ったのは僕です!」と衝撃告白する場面もあるが、彼は闇から抜け出すことができるのか。予告動画の中ではとりわけ、暗い表情で幼いわが子を抱く尾高への反応が寄せられている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]