「ゲーム・オブ・スローンズ」ブラン・スタークのダイアウルフを演じた犬が死去

「ゲーム・オブ・スローンズ」ブラン・スタークが抱くのがオーディン
「ゲーム・オブ・スローンズ」ブラン・スタークが抱くのがオーディン - HBO / Photofest / ゲッティ イメージズ

 大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のシーズン1で、ブラン・スタークの狼(ダイアウルフ)を演じた犬のオーディンが、がんのため死亡したと、飼い主がInstagramを通じて発表した。

「ゲーム・オブ・スローンズ」キャラクター総選挙1位のデナーリス【画像】

 オーディンは、子犬時代に「ゲーム・オブ・スローンズ」のプレミアエピソードで、スターク家が引き取った6匹のダイアウルフのうち、ブラン・スタークが飼うことになる、サマー役で出演した。

 飼い主は生後7週のオーディンを引き取り、家族として10年を共にすごしてきたが、現地時間26日に亡くなったと、Instagramで発表。オーディンは口腔がんを患っており、昨年11月に治療支援のためのクラウドファンディングがスタートしていた。集まった資金は、オーディンの治療に支払われた後、残りを犬関連の慈善団体に寄付するという。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]