NHK「麒麟がくる」「エール」収録休止期間を延長 次期朝ドラも収録見合わせ

「エール」の窪田正孝、二階堂ふみ(2019年撮影)
「エール」の窪田正孝、二階堂ふみ(2019年撮影)

 NHKは7日、新型コロナウイルス感染の拡大予防のため、4月12日まで予定していた大河ドラマ「麒麟がくる」と連続テレビ小説「エール」の収録休止期間を延長すると発表した。現時点で、ドラマ番組の関係者に感染の疑いがある人は出ていない。

二階堂ふみにそっくり!朝ドラ「エール」子役・清水香帆【写真】

 「麒麟がくる」「エール」と共に、制作を開始していた2020年度後期放送のNHK連続テレビ小説「おちょやん」の収録も、7日以降見合わせる。直ちに放送が休止することにはならず、収録の再開は状況を見ながらの判断となる。今後の放送予定は、番組表や番組のホームページ等で適宜発表される。

 NHKはまた、番組収録及び外部の出演者の対応について「感染予防を徹底するため、ニュースなどの緊急性・必要性の高い番組を除き、外部の出演者におこしいただく形での収録を当面、見合わせます」と発表。準備が整った番組から随時対応していく。外出を伴うロケや中継、収録についても、必要性を慎重に検討しながら、可能な限り見合わせる。(編集部・倉本拓弥)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]