カルトホラー『食人族』テーマの新作ゲーム発表

Switchで配信できるのか? 『食人族』
Switchで配信できるのか? 『食人族』 - Grindhouse Releasing / Photofest / ゲッティ イメージズ

 1980年に公開され、今も根強く支持されるカルトホラー『食人族』の公開40周年を記念したアドベンチャーゲーム「RUGGERO DEODATO CANNIBAL」の開発を、イタリア・ローマのゲームスタジオ Fantastico Studio が発表した。

ゲーム「RUGGERO DEODATO CANNIBAL」ティザー映像

 『食人族』はイタリアのルッジェロ・デオダート監督が手掛けたホラー作品。”グリーン・インフェルノ”と呼ばれる密林地帯で消息を絶った、4人の探検隊が残したフィルムで構成されたという設定で、探検隊が原住民に蛮行を働き、無残に食われるさまをドキュメンタリータッチで描き、日本でもヒットとなった。

[PR]

 Fantastico Studio の公式サイトによると、ゲームはインタラクティブなホラーグラフィックアドベンチャーになるといい、デオダート監督もディレクションと脚本に参加するという。

 プレスリリースに掲載された声明で、デオダート監督は「私が最も興味をひかれることは、自分自身に試練を課し、何か新しいものに挑戦することです。おそらく、それが密林と食人の世界に戻るのに、長い時間がかかった理由でしょう」とコメントし「当時、私たちは実際にジャングルに入り、原住民と生活を共にして、誰も経験せず理解したこともない現実を公にしました。今日、そうした生命や自然は、多くのドキュメンタリー番組や映画で紹介されており、私にとって魅力的なテーマではなくなっていたのです」と説明。そのうえで、ゲームという新しい世界で、『食人族』の世界を紹介することに「インタラクティブな物語になることで、多くの新しい可能性の扉が開き、若い世代を私の物語世界へと誘う助けになればと期待しています」と期待を寄せている。

 同社によるとゲームは、PlayStation4、Nintendo Switch、Xbox One、PC、さらにモバイル向けに、2020年11月のリリースを予定しているという。(編集部・入倉功一)

Ruggero Deodato, Cannibal - Reveal trailer » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]