視聴料を寄付!ドキュメンタリー映画配信サービス、ミニシアター応援プロジェクト始動

「アジアンドキュメンタリーズ」がミニシアターの応援プロジェクトを始動
「アジアンドキュメンタリーズ」がミニシアターの応援プロジェクトを始動

 動画配信サービス「アジアンドキュメンタリーズ」が17日より新たにミニシアター応援をするためのプロジェクトをスタートした。

 「アジアンドキュメンタリーズ」は、アジアの優れたドキュメンタリー映画を毎月厳選し、提供する動画配信サービス。「動画配信のミニシアターになりたい」という思いから映像制作者の有志により2018年2月に設立され、同年8月にドキュメンタリー映画専門の動画配信をスタートさせた。

 今回、緊急企画として、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で閉館の危機にある全国のミニシアターの応援プロジェクトを始動。有料配信の視聴料を、全国のミニシアターを守るためのクラウドファンディング「ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金」に寄付することを発表した。ドキュメンタリー映画の作り手も、チャリティー作品を無償で提供するかたちで参加している。

 同プロジェクト通じた寄付の方法は、2つの方法が用意されている。(1)「アジアンドキュメンタリーズ」で配信されている全作品を対象に、期間中に単品購入した際の視聴料495円(税込)が全額寄付される。(2)「月額見放題会員」が無償提供されているいずれかのチャリティー作品を視聴すると、月額990円(税込)の視聴料のうち495円(税込)が寄付される。実施期間は5月14日午後9時までの予定となっている。(編集部・大内啓輔)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]