岡田健史、蜷川実花が撮影 AERA表紙に初登場

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 俳優の岡田健史が、20日発売の週刊誌「AERA」4月27日号で表紙を飾った。

【写真】岡田健史、二十歳とは思えない大人な魅力…!

 2018年のドラマ「中学聖日記」で鮮烈なデビューを果たした岡田。AERAの表紙に登場するのは、これが初めて。3ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、野球少年を俳優に転向させた「快感」について語る。フォトグラファーは蜷川実花で、自ら設定した「切なさ」というテーマで撮影に臨んだ。

[PR]

 今春放送のドラマ「MIU404」では星野源綾野剛と共演する岡田は「撮影が終わるのが怖いですもん。これほど吸収すべきものがある現場ってなかなかない」と目を輝かせ、 野球少年だった自身が演技の世界に足を踏み入れるきっかけとなった「理由はわからないけれど気持ちよかった」瞬間について、 身ぶり手ぶりを交えて熱弁。

 デビュー以来、すべての仕事についても「(自分にとっての)100%以上のことを一生懸命やった自信がある」ときっぱり語った。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]