映画動員ランキング集計見合わせ 全国劇場の休業受け

多くの映画館が休業に
多くの映画館が休業に - iStock.com /Aude Barge / EyeEm / Getty Images

 毎週末の全国映画動員ランキングを発表している興行通信社が、当面の間、集計を見合わせることが明らかになった。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が全都道府県に拡大され、集計対象となるシネコン・劇場があまりにも減少したため。集計の再開は劇場の再開状況次第となり、政府が緊急事態宣言の期間としている、5月6日以降になるとみられる。

 先日、7都道府県に緊急事態宣言が出された時点で、全国の映画館では220サイト以上が営業を休止。公開延期となる作品も120本を超える事態になった。宣言の拡大により、その数は増え続けている。

 そのなかでも、窮状にあえぐミニシアターなどの小規模映画館を救済するために、多くの映画人が中心となり支援プロジェクトを発足。「#SaveTheCinema『ミニシアターを救え!』プロジェクト」「ミニシアター・エイド基金」が立ち上げられるなど、支援の環が広がっている。(編集部・入倉功一)

※全国映画動員ランキングはしばらくの間お休みいたします。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]