ミッドランドスクエアシネマ&ミッドランドシネマ名古屋空港、22日から営業再開

画像はイメージです
画像はイメージです - iStock / Getty Images

 愛知県名古屋市の映画館・ミッドランドスクエア シネマと、愛知県西春日井郡の映画館・ミッドランドシネマ名古屋空港が、5月22日から営業を再開する。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府・県からの緊急事態宣言発令をうけて臨時休業していた両館が、22日から営業を再開することになった。当面の間は当日チケットのみを販売し、20時以降開始の上映は休止するとのこと。なお、ミッドランドスクエア シネマはミッドランドスクエア商業棟5Fにあるスクリーン1~7のみ稼働し、シンフォニー豊田ビル2Fのスクリーン8~14は引き続き休業する。

 営業再開にあたって、両劇場は「政府と全国興行生活衛生同業組合連合会が取り決めたガイドライン沿って、感染防止に努めた運営をしてまいります」としており、消毒液の設置をはじめ、座席は前後1列・横1席の間隔を空けての販売、座席・肘掛け等のアルコール消毒を実施。さらに、各レジに飛沫防止シートを設置、金銭の受け渡しは釣銭トレイを使用、ブランケットの貸出サービスやトイレ内ジェットタオルの利用休止、劇場スタッフの健康管理などに努める。

 また、来場者にはマスク着用をお願いしているほか、咳エチケットや劇場入場口のサーモグラフィー・体温計による体温測定への協力を呼びかけている。この測定過程で37.5度以上の発熱が確認できた場合は、入場を遠慮してもらうとのこと。ごみ捨てについても「退場時のゴミ捨てはお客様にて破棄いただくようお願いいたします」とするなど、感染症対策を徹底して営業を行う。(編集部・吉田唯)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]