40年目のミュージカル「ピーターパン」全公演が中止

全公演が中止になったミュージカル「ピーターパン」
全公演が中止になったミュージカル「ピーターパン」

 27日、ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」が、新型コロナウイルス感染症に関わる政府および地方自治体の方針を踏まえ、8月から東京および地方で予定していた全公演の中止を決定した。

『天気の子』凪の声も!ピーターパン・吉柳咲良

 中止になったのは、東京をはじめ、大阪・静岡・愛知・岩手・神奈川で予定されていた全公演。チケットは払い戻しとなり、東京公演はホリプロの公式サイトかにて、そのほかについては、各地方公演の公式サイトで案内がされる。

 1981年の日本初演から毎年公演を続け、40年目の今年も、4度目のピーターパン役となる吉柳咲良(きりゅうさくら)、フック船長役の松平健を迎えて準備をすすめていたが、「スタッフ・キャスト、そして何よりも劇場に来てくださるお子様、保護者の皆様の安全を最優先し、総合的に状況を検討した結果、東京および地方で予定していました全公演を中止とする決断に至りました」と発表。「ピーターパンは、客席の頭上を飛んでいく演出があり、毎年多くのお客様に喜んで頂いております。来年には、元気よく、ピーターパンが客席に飛んでいき、皆様とお会いできることを信じております」としている。(編集部・入倉功一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]