USJ、地域限定で6月19日から一般営業再開 8日よりプレオープン

営業を再開するユニバーサル・スタジオ・ジャパン
営業を再開するユニバーサル・スタジオ・ジャパン

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは1日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月29日より営業を休止していたパークの一般営業を、6月19日より関西2府4県在住者限定で再開すると発表した。再開に向けて、6月8日~18日の間、ソフトオープン(プレオープン)を実施する。

【動画】USJパーク除菌風景

 ソフトオープン期間の6月8日から14日までは、事前予約をした大阪府在住の年間パス所有者のみ、15 日から18日までは前売りチケットを購入した大阪府在住者も入場対象となる。19日の一般営業開始後は、当面の間、年間パス所有者か前売りチケットを購入した、関西2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)在住者を対象に営業する。そのため、対象地域在住であることを証明する公的書類または身分証明書が必要。チケットは4日からウェブチケットストア等で販売され、当面の間、チケットブースでの販売は休止される。

[PR]

 再開にあたり、大阪府が発足した、QRコードを利用する「大阪コロナ追跡システム」を導入し、ゲストはパークへの入場とレストランの利用にあたり、メールアドレスの登録が必要となる。入場者が一定数以上に達した場合は、入場制限も実施するという。

 また、国が公表している「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に準拠することに加え、国内外の情勢ならびに保健行政機関と医療専門家からの指導のもと、衛生強化対策を徹底。マスク持参・着用の義務化や入場前の検温の実施、間隔を空けた待機列の形成など、ゲスト・クルーに向けた詳細な対策をオフィシャルサイトで公開しており、入場前の確認を呼びかけている。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]