SKE48須田亜香里「打姫オバカミーコ」実写化で映画初主演!共演に萩原聖人

須田亜香里
須田亜香里 - (C) AbemaTV,Inc.

  SKE48須田亜香里主演で、麻雀漫画専門誌「近代麻雀」で約6年間連載された麻雀漫画「打姫オバカミーコ」が実写映画化されることが決定した。

【写真】キュートな須田亜香里

 スマートフォンなどで楽しむことができるテレビ&ビデオエンターテインメントを展開する「ABEMA(アベマ)」は、本作の劇場上映と、映画にはないオリジナルストーリーも含めた特別版を、ABEMAプレミアム会員向けに独占先行配信することを発表。素直で明るい駆け出しの女流プロ雀士・丘葉未唯子(以下、ミーコ)が、プロ競技麻雀の世界を諦めた元王者・波溜との出会いをきっかけに、女流リーグの頂点を目指す物語。二人三脚で麻雀界の頂点を目指す中で挫折や葛藤を経験しながらも、成長、そして恋に落ちていくさまを描く。

[PR]

 主人公・ミーコを演じるのは、プロ麻雀リーグの番組「熱闘!リーグ」(テレビ朝日)のMCを務め、本作が映画初主演となる須田。ミーコの師匠・波溜役は、俳優として活躍する一方でプロ雀士としても実力を備え、現役Mリーガーとして活躍中の萩原聖人が担う。さらに、「Mリーグ」が全面バックアップのもと、現役Mリーガーが追加キャストで発表される予定。それぞれの雀士の策略や、白熱した対局の様子などが本格的に描かれるという。

萩原聖人と須田亜香里 - (C) AbemaTV,Inc.

 須田は、主演に決まったときを振り返り、「すごく嬉しかったです。熱闘MリーグのアシスタントMCに就任したことがきっかけで麻雀を0から学び始めた私が、まさか麻雀の作品に主演で携わるとは、想像できなかったことで人生なにがあるかわからないなと思いました」とコメント。一方の萩原は、「本格的な麻雀作品は初めてでしたが波溜晴は自分に近い部分もあると感じていたので、素直に作品と向き合っていくことができました」と語っている。(編集部・梅山富美子)

[PR]

コメント全文

■須田亜香里
Q:本作品に主演としての出演が決まった時の感想、演じた感想
すごく嬉しかったです。熱闘MリーグのアシスタントMCに就任したことがきっかけで麻雀を0から学び始めた私が、まさか麻雀の作品に主演で携わるとは、想像できなかったことで人生なにがあるかわからないなと思いました。監督に「私可愛くないんですけど、私が主演で作品は成り立ちますか?」と真剣に相談したところ、「可愛く撮るから大丈夫」と言っていただいたので信じて全力で挑ませていただきました(笑)。師匠との出会いや時間を経て、ミーコの牌の切り方を少しずつ変えているところや、ラストの方では緊張して挑んだ胸キュンシーン(?)に注目してほしいです。

Q:どのような方に観てもらいたいか
これから麻雀を始めたい人や麻雀を知らない人にぜひおすすめさせていただきたいです。麻雀の知識やマナーもわかりやすく楽しく学ぶことができると思います。私も毎日現場で麻雀を楽しく学ぶことができました。1人でも多くのかたの麻雀との出逢いがすてきなものになれば幸いです。

■萩原聖人
Q:本作品を演じた感想
本格的な麻雀作品は初めてでしたが「波溜晴」は自分に近い部分もあると感じていたので、素直に作品と向き合っていくことができました。元々ミーコは須田さんが良いのではないかと思っていたところもありましたし、須田さんにピッタリの役だったので僕自身も自然と愛情を持つことができました。

Q:どのような方に観てもらいたいか
麻雀ファンはもちろんですが、今後「麻雀」の入口で迷っている人たちにも作品を楽しんで観ていただきたいです。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]