中国アニメ「魔道祖師」WOWOWでの日本初放送が決定!

中国発の人気BL小説が原作!
中国発の人気BL小説が原作! - (C)2020 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

 2015年からオンライン上で連載され、中国で「陳情令」のタイトルでドラマ化もされた墨香銅臭によるBL小説が原作の中国アニメシリーズ「魔道祖師」の字幕版が、今年9月よりWOWOWで日本初放送されることが決まった。

 自由奔放な問題児と孤高の禁欲主義者、強い絆に結ばれた2人の“仙師”が邪悪な陰謀に立ち向かう本作。緻密で壮大なストーリーと魅力的なキャラクターが話題となり、 アジア全域で高い人気を誇っている。

 WOWOWで9月から放送が始まるのは字幕版だが、日本語吹替版の制作も予定されている。株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ、株式会社アニプレックスが共同で日本版制作を行う。日本版公式Twitter(@mdzsjp)もオープンしている。(編集部・海江田宗)

[PR]

アニメ「魔道祖師」のストーリー内容は以下の通り

世は岐山温氏が暴虐の限りを尽くし、人々は苦しみに喘いでいた。姑蘇藍氏・雲夢江氏・蘭陵金氏・清河聶氏ら仙門の修行者たちは「射日の征戦」を行い、力を合わせて温氏を討伐することに成功する。夷陵老祖(いりょうろうそ)である魏無羨(ウェイ・ウーシエン)は、「射日の征戦」で貢献を果たしたが、彼の修めた鬼道は強大な力を持つがゆえに、人々に恐れられ、謗(そし)られ、やがてその身の破滅を招いてしまう。そして13年後。死んだはずの魏無羨は呪術によって世に蘇り、かつての友、姑蘇藍氏の藍忘機(ラン・ワンジー)、義兄弟である雲夢江氏の江澄(ジャン・チョン)と再会する。しかし、過去の謎は未だ消えず、世間は再び彼を疑い始めるのだった。すべての物語の始まりは、彼らの少年時代の出会いにさかのぼる……。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]