声優・花江夏樹、将来へ踏み出した瞬間 大ブレイクも変わらぬ姿勢

猫好きでも知られる花江夏樹の演技に注目!
猫好きでも知られる花江夏樹の演技に注目!

 Netflixで6月18日から配信がスタートした長編アニメーション『泣きたい私は猫をかぶる』で主演を務めた人気声優の花江夏樹が、声優として一歩を踏み出したころを振り返りながら、本作への思いを語った。

『泣きたい私は猫をかぶる』フォトギャラリー

 『ペンギン・ハイウェイ』のスタジオコロリドが制作する本作は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などの岡田麿里が脚本を務めた青春ファンタジー。周囲からムゲ(無限大謎人間)と呼ばれ、大好きなクラスメイトに猛アタックするも、全く相手にされない中学二年生の女の子・笹木美代が、猫に変身できるお面を手にしたことからはじまる不思議な出来事を、彼らの将来への葛藤と共に描く。花江は、クールで成績優秀なクラスメイト・日之出賢人役で、ムゲ役の女優・志田未来とダブル主演を務めた。

[PR]

 「この作品の全体の雰囲気は、どちらかというと実写寄り。僕も、そうした現実に近いキャラクターを演じるのが大好きなんです」と切り出した花江は、「デビューのころからそういう役をいただく機会が多くて。それこそ、最初にオーディションで受かった主役作品も(『凪のあすから』)もそうでした。岡田麿里さんが書かれた作品です。なので、こうして岡田さんの作品にまた触れることができて、懐かしさを感じましたね」と振り返る。

 花江が演じる日之出は、一見冷めた青年だが、実はやりたいことや思いを素直に口にできず、自分の感情をストレートにぶつけてくるムゲに、心の底で尊敬の念を感じている。ムゲの変身した猫・太郎に素直な思いを打ち明けるなかで、次第に自分の思いに気がつき、一歩を踏み出す勇気を持つようになる。

 「この作品には、あと一言言えたらどれだけ楽になれるかという、誰にでもある気持ちやメッセージが込められています」という花江。そんな彼が「一歩を踏み出そう」と感じた瞬間はいつだったのだろうか。「高校2年生ぐらいのときには、声優になろうと決めていました。卒業したら、すぐに働きたいなと思って、自分がどんな職業につきたいかなと考えた時に、アニメも好きだったし、ゲームも好きだった。自分の頭で想像したものを表現することや、歌も好きだったので、総合的に考えて声優という職業につきたいなと思ったんです。そこから日々、いろんな練習を重ねていくようになった。そこが、気持ちを切り替えたポイントだったかなと思います」。

[PR]

 そうしてつかんだ声優人生。順調にキャリアを積み重ね、社会現象となったアニメ「鬼滅の刃」や「東京喰種トーキョーグール」といった作品に出会ってきた花江は「僕は運がいい方だった」と感じているという。「僕自身、目の前の仕事が楽しいですし、まずは自分が楽しむことが大前提。その楽しいという気持ちが、ファンの方に伝わってくれたらそれがうれしいですね」。

『泣きたい私は猫をかぶる』ムゲが猫になった太郎と日之出の交流は猫好き注目ポイント

 もともと本作は、6月5日から劇場公開される予定だったが、新型コロナウイルスの影響によって延期となり、急きょ、Netflixで全世界向けに配信されることになった。この決定について花江は「劇場で公開できなかったのは残念ではある」としながらも「Netflixなら、家で家族とも観られますし。そういう点ではネット配信も悪くないと思います」と前向きなコメント。「鬼滅の刃」の人気もあって、世界のファンからも注目を浴びることになりそうだ。「世界中にファンの方がいてくださるということは、SNSでコメントをいただいたりするので、感じてはいるんです。ただ、直接交流する機会がないので、あまり実感がないんです。ですから『泣き猫』が世界の方にどのように映って、どういう反応をいただけるのか楽しみですね」。(取材・文:壬生智裕)

アニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」はNetflixにて独占配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]