マイケル・キートン、バットマン再演へ!フラッシュ映画に出演交渉中

“バットマン リターンズ”が現実に! - 写真は映画『バットマン』(1989)より
“バットマン リターンズ”が現実に! - 写真は映画『バットマン』(1989)より - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『バットマン』(1989)などでバットマン/ブルース・ウェインを演じたマイケル・キートンが、エズラ・ミラー主演のDC映画『ザ・フラッシュ(原題) / The Flash』にバットマン役で出演交渉に入ったと、The Wrap が独占で報じた。

エズラ版フラッシュと夢の共演へ!【画像】

 ティム・バートン監督が手掛けた『バットマン』で、闇の騎士バットマン役に挑んだマイケル。初めこそバッシングがあったものの、その怪演っぷりが高い評価を獲得。1992年には続編『バットマン リターンズ』も製作されている。

[PR]

 同サイトによると、交渉は初期段階で、マイケルがどの程度出演するのかは不明。契約が成立すれば、マイケルは『バットマン リターンズ』以来およそ30年ぶりにバットマンを演じることになる。『ザ・フラッシュ(原題)』では、DCコミックスの重要な要素である“マルチバース(いくつもの並行世界)”を取り入れる予定で、エズラ演じるフラッシュと、マイケルふんするバットマンの夢の共演が実現するかもしれない。また、マイケル演じるバットマンは、マーベル映画に登場するニック・フューリーのような役割を果たすといい、今後のDC映画に姿を見せる可能性もあるという。

 DCは現在、ロバート・パティンソンがバットマンを演じる『ザ・バットマン(原題) / The Batman』を製作しているが、同サイトは『ザ・バットマン(原題) / The Batman』がフラッシュ単独映画に影響を与えることはないと報じている。

 『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ監督がメガホンを取る本作は、2022年6月3日全米公開を予定しており、2021年初頭の撮影開始を目指している。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]