ADVERTISEMENT

『ワンダーウーマン 1984』声優・甲斐田裕子&小野大輔が続投!

『ワンダーウーマン 1984』は10月9日公開
『ワンダーウーマン 1984』は10月9日公開 - (C) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 映画『ワンダーウーマン 1984』(10月9日公開)の日本語吹替え版の声優として、前作『ワンダーウーマン』(2017)に引き続き、考古学者にしてヒーロー界最強ともいわれる桁外れのスーパーパワーを秘めた戦士ワンダーウーマン役を甲斐田裕子、ワンダーウーマンと共に戦う元空軍パイロット、スティーブ・トレバー役を小野大輔が担当すると発表された。

【動画】ワンダーウーマン、かっこいい!映画『ワンダーウーマン 1984』予告編

 本作は、スピード・力・戦術のすべてを合わせ持つヒーロー、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)が主人公。人々の欲望を叶えると声高に謳う実業家マックスの巨大な陰謀と、立ちはだかる正体不明の敵チーターを前に、ワンダーウーマンに絶体絶命の危機が訪れるさまを描く。元空軍パイロットのスティーブ(クリス・パイン)は、そんなワンダーウーマンを支えていく。

ADVERTISEMENT

 また、本作の公開を記念し、8月14日から丸の内ピカデリーほか全国の7劇場で、前作『ワンダーウーマン』が「DOLBY CINEMA(ドルビーシネマ)」上映されることが決定した。ドルビーシネマは、最先端の映像技術と立体音響技術を採用したシアターのこと。厳選された音響デザイン、座席配置など、最高の映像体験が提供できるような配慮がなされている。

 さらに、8月22日よる21時から、「『ワンダーウーマン』Twitter同時視聴イベント」が実施される。DC公式Twitter(@dc_jp)からの合図にあわせ、各種配信サービスやブルーレイ・DVDなどで同作を再生することで、多くの人と一緒に作品を共有できる。当日はリアルタイムのTwitter実況とあわせて、スペシャルゲストによる副音声解説で最新作の見どころ紹介を予定している。(編集部・梅山富美子)

ドルビーシネマ上映劇場(予定)
・丸の内ピカデリー(東京)
・T・ジョイ横浜(神奈川)
・MOVIX さいたま(埼玉)
・ミッドランドスクエアシネマ(愛知)
・梅田ブルク7(大阪)
・MOVIX 京都(京都)
・T・ジョイ博多(福岡)

映画『ワンダーウーマン 1984』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT