三谷幸喜監督×香取慎吾主演のAmazonシットコム、9月18日配信!初映像公開

『誰かが、見ている』より
『誰かが、見ている』より

 三谷幸喜監督・脚本、香取慎吾主演のAmazon Originalドラマシリーズ「誰かが、見ている」の配信日が9月18日に決定し、初映像が公開された。

【動画】『誰かが、見ている』ティザー予告

 これまで深夜テレビシリーズ「HR」(2002~2003)、大河ドラマ「新選組!」(2004)、映画『ギャラクシー街道』(2015)、舞台「日本の歴史」(2018)などで度々コンビを組んできた三谷&香取。本作は、何をやっても失敗ばかりの主人公・舎人真一(香取)と、書斎の壁に偶然発見した“穴”から、真一の生活をのぞき見する隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)を中心に巻き起こるドタバタを描くシットコム(シチュエーションコメディの略)。Amazonが企画から参加し、製作する日本オリジナルドラマシリーズの第一弾として制作された。

[PR]

 映像は、「気のせいかもしれないけど最近みんなに見られているような気がする」という真一のつぶやきからスタート。そんな彼を壁からのぞく次郎と娘あかね(山本千尋)の姿もあり、次郎いわく「ちょーっと変わっている」真一の日々が映し出される。口紅を塗りたくっていたかと思えば交通整理をしていたり踊っていたり。終盤は「僕は一体誰なんですかー!?」と叫ぶ真一に視聴者の爆笑が重なり、シットコムらしい雰囲気が垣間見える。 

 一風変わったキャラクター・舎人真一を生んだ三谷は「舎人真一君は、ただ生きているだけで面白い。そういうキャラにしたかったのですが、そんな役を演じられる俳優は日本に一体何人いるんだろうと思います。喜劇俳優・香取慎吾の本領発揮です」と香取のコメディアンぶりを絶賛。一方、香取は「三谷さんの作品だと周りに振り回される役が多かったのですが、今回は舎人がトラブルメーカーみたいな役だったので僕にとっても挑戦でした」と撮影を振り返っている。(編集部・石井百合子)

『誰かが、見ている』ティザー予告 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]