ハリウッドの売春あっせん者を描く映画、監督は『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ルカ・グァダニーノ監督
ルカ・グァダニーノ監督 - NurPhoto / Getty Images

 ハリウッドの同性愛者たちに売春あっせんをしていたスコッティ・バウアーズを描くタイトル未定の話題作で、映画『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督がメガホンを取り、セス・ローゲンエヴァン・ゴールドバーグが脚本を執筆することが決定したと、Deadlineほか複数メディアが報じている。

アーミー・ハマーが!『君の名前で僕を呼んで』日本語字幕予告編

 サーチライト・ピクチャーズのもと企画が進められている本作は、マット・ターナウアー監督が制作したドキュメンタリー映画『スコッティ・アンド・ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ハリウッド(原題) / Scotty and the Secret History of Hollywood』と、バウアーズの自伝「Full Service: My Adventures in Hollywood and the Secret Sex Lives of the Stars(原題)」を基に、ローゲンとゴールドバーグが脚本を手掛ける。

[PR]

 バウアーズは、第2次世界大戦中は海兵隊員として硫黄島で戦い、退役後は、ハリウッドの同性愛者に売春をあっせんした人物。映画は、そんな彼の1940年代からエイズがまん延する1980年代までを捉えた作品になるようだ。

 現在、グァダニーノ監督は、サルヴァトーレ・フェラガモの生涯を追ったドキュメンタリー映画『サルヴァトーレ:シューメイカー・オブ・ドリームズ(原題) / Salvatore: Shoemaker of Dreams』を完成させ、これから歌手ボブ・ディランの1975年のアルバム「血の轍」を基にした長編映画、そして『君の名前で僕を呼んで』の続編を手掛ける予定。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]