「東京タラレバ娘」SP、坂口健太郎、鈴木亮平、田中圭、平岡祐太が続投<コメントあり>

左から田中圭、坂口健太郎、鈴木亮平、平岡祐太
左から田中圭、坂口健太郎、鈴木亮平、平岡祐太

 約3年半ぶりにスペシャルドラマとして復活する吉高由里子主演「東京タラレバ娘2020」(日本テレビ系、10月放送)の新たなキャストが7日、同局より発表され、坂口健太郎鈴木亮平田中圭平岡祐太が続投することが明らかになった。本作は当初、今夏放送される予定だったが、7月に秋へ延期されることが発表されていた。

【写真】3年半ぶりに集結した吉高由里子×榮倉奈々×大島優子

 本作は、「主に泣いてます」「海月姫」などの東村アキコの漫画に基づき、30歳独身女性3人組のシビアな恋愛事情を描いた連ドラの続編で、33歳になりそれぞれ変化を迎えた3人の試練や奮闘が描かれる。売れない脚本家・鎌田倫子にふんする吉高のほか、親友役の榮倉奈々大島優子が続投する。

[PR]

 坂口、田中、鈴木、平岡は連ドラ版ではそれぞれ、吉高らが演じる独身女性3人の恋の相手を演じていた。坂口は金髪に染め、ドSな新進気鋭のモデルに。飲み屋で親友たちと「タラレバ話」ばかりする倫子に厳しい言葉を投げ、現実を突きつけていた。田中は居酒屋「呑んべえ」の看板娘・小雪(大島)と不倫に陥る既婚者のサラリーマン、平岡はネイリストの香(榮倉)との恋が10年ぶりに再燃する人気バンドのギタリストに。鈴木は、倫子を支える優しいドラマプロデューサーで、かつて倫子にフラれた過去があるという設定だった。

 また、倫子にだけ見える謎の生き物であるタラちゃん&レバちゃんの声を務めた加藤諒あ~ちゃんPerfume)、テレビ局のADを演じた石川恋も続投する。

 坂口健太郎、鈴木亮平、田中圭、平岡祐太はSPドラマ出演に、下記のようにコメントを寄せた。(編集部・石井百合子)

坂口健太郎(KEY)
 (3年振りのタラレバ娘の現場は)あっという間でしたが、楽しかったです。連ドラを経て今回のスペシャルでタラレバ娘たちも紆余曲折があって、それぞれに悩みがあって、すごく笑えて、でもどこかでちょっとチクっとする…最終的には『とっても穏やかな気持ちになれる』ドラマになったと思っています。お楽しみ下さい。  

[PR]

鈴木亮平(早坂哲朗)
 3年前、演じていた時に、僕だけじゃなくみんなが好きな作品だったので『あ~帰ってきたな』というのと『やっぱり面白いな』という気持ちのままに、撮影が『もう終わったか~』という感じでした。3人の女性がそれぞれ状況は変わっていくけども、そこに変わらぬ友情がある。僕は、そこがこの作品の1番の魅力だと思います。3人それぞれの細やかなお芝居とテンポ感。タラレバ娘ならではのスピード感あるシーンをぜひ楽しんで僕も観たいなと思います。

田中圭(丸井良男)
 3年ぶりの小雪さんとの再会は、ベタな甘酸っぱさとチクっと来るほろ苦さがあって。決して正しいことではなかったけれど、愛したという事は偉大で。2人の歩む別々の未来に、どんな形で刻まれるのかはわかりませんが、久々に丸井を生きてみて、貴重な感情を体験できました。とりあえず個人的には、みんな幸せになれよー!!って思いました(笑)

平岡祐太(鮫島涼)
 もう登場することはないかもと思っていましたが、3年ぶりに涼ちゃんも戻ってきます! 少しおバカだけど、どこか憎めない、そんな彼を楽しく演じられて嬉しかったです。久々に再会したタラレバ娘3人の井戸端会議、僕もオンエアーを楽しみにしてます!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]