志尊淳&城田優、浴衣姿でオンライン花火大会!絆をつなぐメッセージ発信

オンライン花火大会に出席した近藤春菜、志尊淳、城田優
オンライン花火大会に出席した近藤春菜、志尊淳、城田優

 俳優の志尊淳城田優が18日、日本版声優を務めるディズニー&ピクサー最新作『2分の1の魔法』(8月21日公開)の配信イベント「魔法のオンライン花火大会」に出席し、夏らしい花火の映像と共に映画のヒットを祈った。この日は、同じく吹き替え声優を務める近藤春菜も出席した。

【動画】志尊淳&城田優が吹き替え!『2分の1の魔法』本編シーン

 新型コロナウイルスの影響により、当初予定されていた3月13日から、約5か月を経て公開される本作。この日のイベントも、ディズニー初のオンライン花火大会として無観客で開催され、YouTube、ニコニコ生放送、Twitterで生配信を実施。涼やかな浴衣姿で3人が登場すると、コメント欄はファンの歓喜の言葉で埋め尽くされた。

[PR]

 『2分の1の魔法』は、魔法が忘れられてしまったファンタジー世界を舞台に、亡くなった父親と会うため、魔法の力を求めて旅をする兄弟を描いた感動作。日本版では、志尊が内気な主人公イアン役を、城田が兄のバーリー役を、近藤が2人の母親ローレル役を務める。

 陽気で好奇心旺盛な兄バーリー役について城田が「性格的には僕そのもの。すごい似ているところがあるんです」と語ると、志尊も「僕が声を入れた時は、まだ優くんの声が入ってなかったんですけど、それでも優君にしか見えなかった」と同意。「劇中のイアンとバーリーの関係が、僕と優君の関係性とリンクしている」と兄弟のような仲の良さをうかがわせた。

淳ちゃん、優くんと呼び合う仲

 また春菜は、母親のローレルにそっくりなことも起用の理由だったといい、志尊と城田に「自分でもしっくりきすぎて、本当に2人のこと生んだと思ってるから」と冗談交じりにコメント。また、視聴者にいじられ「シュレックじゃねーよ!」とおなじみのセリフを飛ばす一幕もあり、笑いを誘っていた。

[PR]

 ようやく迎える日本公開に志尊は「3月と今では状況が違ってきているので、作品の捉え方も違ってくると思います。ぜひこの夏はみんなで一緒に観て、前を向いて歩いていきたい」としみじみ。また、城田は「僕も最近知ったんですけど、映画館はすごい換気がちゃんとしていて、入場者も制限されていたりするので、今の限られた娯楽として、家族やお一人、カップル、いろんな形で観て観ていただきたい。僕も淳ちゃんと半年前から(公開されたら)一緒に行こうと言っていたので、観に行きたいと思います」と劇場の安全性をアピールしていた。

 オンライン花火大会では、日本版エンドソングの「全力少年」が流れるなか、花火が東京、名古屋、大阪、福岡、仙台、札幌の街を彩る映像を配信。さらに、事前に一般のファンから募集した、大切な人へ贈る言葉を花火仕様にした”メッセージ花火”も打ち上げられた。

 人と人のつながりを実感させる映像に、3人も笑顔。最後には「絆があれば、離れていても大丈夫!」(近藤)、「あなたの笑顔がたくさん見られますように」(城田)、「皆がいるから一歩前に進める。ありがとう!」(志尊)と、それぞれのメッセージ花火も打ち上げられ、志尊は「オンラインですけれども、皆さんのメッセージがすごく胸に残り、近づけたような素敵な思い出を作れました。一緒に映画を観て、皆さんといろんな思いを共有できたらと思います」と感謝のメッセージを送っていた。(編集部・入倉功一)

映画『2分の1の魔法』は8月21日より全国公開

志尊淳&城田優が吹き替え!映画『2分の1の魔法』本編シーン » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]