東京コミコン、今年はオンライン開催 幕張から無観客中継も

「Tokyo Comic Con World」イメージ図(仮)
「Tokyo Comic Con World」イメージ図(仮)

 株式会社東京コミックコンベンションは20日、12月4日から12月6日まで開催予定の「東京コミックコンベンション2020」(略称:東京コミコン2020)をオンラインにて実施すると発表した。

クリヘム、ラファロも来日!昨年度の海外ゲストたち【画像】

 2016年に第1回が開催された東京コミコンは、映画・コミック・アニメなどのポップカルチャーが集結する祭典。5回目の開催となる今年は、世界的に流行している新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、これまで幕張メッセ(千葉県美浜区)で実施してきた来場型ではなく、オンライン形式に切り替えることとなった。

[PR]

 イベントは12月4日午後12時からスタートし、5日午後12時より幕張メッセからの無観客中継も始まる。参加者は、「Tokyo Comic Con World」と呼ばれるバーチャル会場から、ステージプログラムや展示エリア、アーティストアレイなどを無料で体験することが可能。また、500円(税込)を支払って楽しめる 「有料コンテンツ・ゾーン(仮称)」や、より貴重なコンテンツを楽しめる 「プレミアム有料コンテンツ(仮称)」も用意されるという。

 東京コミックコンベンションは「実際に会場にて体験できることが最大の醍醐味であるイベントではあるものの、 初年度の開催から積み上げてきた『東京コミコン』のカルチャーや理念を、今年はウィズコロナの環境に適した形に変更し、来年以降も開催を継続し、さらなる『東京コミコン』の成長を目指します。是非、時代に即した形の中で昨年までと変わらぬ熱狂を目指す『東京コミコン 2020』にご注目ください」とコメントを発表している。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]