ADVERTISEMENT

なだぎ武、女優・渡邊安理と結婚 舞台共演がきっかけ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
なだぎ武(写真は2018年撮影)
なだぎ武(写真は2018年撮影)

 お笑いタレントのなだぎ武(49)が2日、女優の渡邊安理(36)との結婚を自身のツイッターで報告した。

【写真】渡邊安理登壇の舞台イベント

 なだぎはTwitterに直筆の文書を掲載。「日頃より、皆様にはいつもお世話になっております。私事で大変恐縮ですが、この度、舞台女優の渡邊安理さんと入籍させて頂きました。ここ何年かは有難い事に沢山の舞台を経験させてもらっており、その中での共演がきっかけです。現在このような時世ではありますが、タイミングと縁で、このような報告をさせて頂く運びとなりました」と入籍に至った経緯を報告。

ADVERTISEMENT

 「色々な事がまだ始まりに過ぎませんが、共に時間を積み重ね、その財産がお互いの成長に繋がればと思っております。これからも益々、公私共に頑張っていきますので、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」とつづっている。

 また渡邊も「We got married.」の文字を背景にした、なだぎ、自身のイラストと共に「いつも支えてくださっている皆さまへ。この度、役者渡邊安理は芸人のなだぎ武さんと結婚しました。日々の見過ごしてしまいそうなことも、笑いに変えてくれる大切な存在です。これからも表現者としてお互いに精進して参ります。あたたかく見守ってください!」と報告している。

 渡邊は2004年に演劇集団キャラメルボックスに入団し、舞台を中心に活躍。なだぎはR-1ぐらんぷり2007、2008で2年連続優勝。海外ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」シリーズのディラン・マッケイを真似たキャラクターなどで人気を博し、舞台経験も豊富。2009年の映画『デメキング DEMEKING』では主演を務め、「仮面ライダーW(ダブル)」シリーズや「のだめカンタービレ」の劇場版(2009)などに出演。朝ドラ「まれ」(2015)、大河ドラマ「西郷(せご)どん」(2018)などにもゲスト出演している。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT