中村倫也がナレーション!「岩合光昭の世界ネコ歩き」劇場版2弾公開決定

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)「劇場版岩合光昭の世界ネコ歩き2」製作委員会(C)Mitsuaki Iwago(C)Iwago Photographic Office 中村倫也写真/尾身沙紀anan2119号

 動物写真家の岩合光昭が、ネコの目線で世界の街角のネコを撮影する様子を映したドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の劇場版第2弾『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』が、2021年1月8日より公開決定。俳優の中村倫也がナレーションを務めることが明らかになった。中村は、「ねこって飽きない。実に気ままに、風に吹かれるままに、己の興味に素直に生きている。くるくると変わる表情やその視線の先に何を捉えているのか、つい夢中になる。そして、気づくとニンマリする」とネコの魅力を語っている。

「岩合光昭の世界ネコ歩き」劇場版2弾場面写真

 19歳の時に訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、プロの動物写真家として歩み始めて以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに数多の動物を撮り続けてきた岩合光昭。本作は、2017年公開の『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』に続く、NHK BSプレミアム放送のドキュメンタリー番組の劇場版第2弾。

[PR]

 本作では写真家の岩合が自らメガホンをとり、ミャンマーのインレー湖では湖上に建つ小さな家にネコの家族とヒトの家族を、北海道の牧場ではたくさんの母ネコ、オスネコ、子ネコたちを捉える。

 岩合は、本作を以下のように紹介している。「この映画には、ふたつの舞台があります。ミャンマーで出会った、湖上の高床式家屋で暮らす、ネコの家族とヒトの家族。朝になり昼になり夜になり……飾らない日常が、種を超えた互いを思うやさしさに包まれたとき、その輝きに心奪われます。北海道の牧場に、ウシやイヌと暮らすたくさんのネコたちがいます。力を合わせ協同保育をする母ネコたち、さまざまな成長を見せる個性豊かな子ネコたち。ヒトがひとりひとり違うように、ネコたちも自分なりに、春、夏、秋、冬、生き抜いていきます。ネコが見せてくれた家族愛と、自分らしくあることの大切さ。楽しんでいただけたら幸いです」(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]