今夜「わたどう」第5話!椿への想いで揺らぐ七桜

和装が似合う横浜流星
和装が似合う横浜流星 - (C) 日本テレビ

 浜辺美波横浜流星がダブル主演を務める日本テレビ系のドラマ「私たちはどうかしている」の第5話が、今夜9日よる10時から放送される。浜辺演じる七桜は、横浜ふんする椿への想いと後ろめたさで気持ちが揺らぐ。

【写真】見つめ合う浜辺美波と横浜流星

 本作は、人気同名少女コミックスをドラマ化したもの。老舗和菓子屋・光月庵で15年前に起こった若旦那の殺害事件をきっかけに、憎み合ったまま離ればなれになった椿(横浜)と七桜(浜辺)が、再び出会い惹かれ合うさまを描く。

[PR]

 正体を隠して椿のプロポーズを受けた七桜は、事件の容疑者として疑われたまま亡くなった母の無実を証明するため光月庵に乗り込む。第5話では、椿が七桜の母親だと嘘をつく夕子(須藤理彩)にあいさつに行き、結婚式に出席してほしいと頭を下げる。彼のまっすぐな思いに触れた七桜は、真実をすべて打ち明ける決意をする。

 また、七桜は、見習い職人・城島(高杉真宙)の部屋に隠された道具箱のなかに、衝撃の事実が記された手紙を発見する。そんななか、遺言書の準備を進める光月庵の大旦那(佐野史郎)は、15年前に“さくら”という女の子が作った御菓子の味を鮮明に思い出す。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]