ADVERTISEMENT

吉永小百合、初の医師役に「もっと勉強しないと」

初の医師役に挑む吉永小百合
初の医師役に挑む吉永小百合

 女優の吉永小百合が11日、東映東京撮影所で行われた映画『いのちの停車場』(2021年全国公開)の撮影現場会見に出席し、初の医師役に喜びの表情を見せた。この日は松坂桃李広瀬すずみなみらんぼう西田敏行成島出監督も来場した。

【写真】広瀬すず、西田敏行との再会に笑顔!

 南杏子の同名小説を基にした本作は、在宅医療を通して患者と向き合う「まほろば診療所」で勤務することになった元救命救急医・咲和子(吉永)の姿を描くヒューマンドラマ。「白石咲和子、通称ドクターSでございます」と茶目っ気たっぷりにあいさつした吉永は、「(コロナ禍で)クランクインできるかドキドキしながら待っていたんですが、無事クランクインして。撮影は10月の半ばまで続きます。スタッフもキャストもパワー全開でやっています。どうか温かく見守っていただければ」と意気込んだ。

ADVERTISEMENT

 122本目の出演作となる本作で、初めて医師役に挑む吉永。「実は7、8年前だったと思いますが、成島監督と一緒にやろうという話になった時に、わたしは監督の『孤高のメス』が好きだったので、医療ものはどうでしょうかとお話したんです。ですが、なかなかいい題材がなくて、(『ふしぎな岬の物語』で)カフェの主になりました」と振り返り、「だから今回は(医師役で)うれしいですし、メスとかいろんなものを持つのが初めてなので、もっと勉強しないとドクターに見えないんじゃないかと思い、気を引き締めてやっていこうと思っています」と決意を語った。

『いのちの停車場』
会見に出席した『いのちの停車場』キャスト陣

 咲和子が務める診療所の運転手・聖二を演じる松坂は、吉永と本作で初共演を果たす。「大変緊張しております」と切り出した松坂は、「いつか吉永さんとご一緒したいと思っておりました。だから一緒にお芝居ができるのがうれしくて。吉永さんは現場ではどんな風にお芝居をして、役を作られているのか。興味があって、日々勉強させていただいております」と充実感をにじませる。同じく吉永と初共演の広瀬も「吉永さんとご一緒できるとは思っていなかったので、光栄だなというのが決まった時の感想でした。現場でも吉永さんは丁寧で優しくて。それがお芝居にもにじみでていて」とコメント。劇中で演じる訪問看護師・星野麻世はズバズバものを言う役柄とのことだが、広瀬は「すごくビビりながらやっています」と本音を明かしていた。

 また、「まほろば診療所」の三代目院長・仙川徹役の西田は「吉永さんは、役者を始めた頃からの、学生の頃からの憧れのマドンナ。『天国の駅 HEAVEN STATION』(1984)、『天国の大罪』(1992)という二つの映画でご一緒しましたが、いつも吉永さんといると心は天国でした。今回も天国です」と夢見心地な表情を見せ、会場を沸かせた。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT