上白石萌音、マルチな活躍の裏に危機感「満足したらおしまい」

マルチに快進撃を続ける上白石萌音
マルチに快進撃を続ける上白石萌音

 女優としてはもちろん、歌手としても高い評価を受け、声の芝居にも定評がある上白石萌音。アニメーション映画『トロールズ ミュージック★パワー』では、主人公の女王ポピーの声を躍動感たっぷりに表現している。マルチに快進撃を続ける上白石はどんな思いで仕事に取り組んでいるのだろうか?

【画像】超絶可愛い!妹・萌歌との幼少期2ショット

 上白石が演じたポピーは、天真爛漫で明るく前向きだが、あまり世の中のことを知らず、本作では人の話を聞くことを学んで大きく成長を遂げる。一方の上白石は「自分にあまり自信がないので、人の意見に頼ってしまう」と苦笑いを浮かべると、初主演映画となった『舞妓はレディ』(2014)で共演した大先輩・富司純子からの「女優は真っ白でいて、現場ごとに監督に染まりなさい」という言葉を胸に、一つ一つの作品に向き合ってきたと明かす。

[PR]

 そうした丁寧な取り組みが、女優ばかりではなく「大好き」だという音楽や踊ること、そして声を生かした表現でも花開く。同時に仕事へのシビアな視点も持っており、「楽しもうというのは大前提なのですが、全てがオーディションだと思って臨んでいます。声を掛けてくださった方が良いと思ってくだされば、次につながると思うんです」と上白石。その言葉通り、芝居に歌、ダンス、執筆、声の演技とどの表現も評価が高く、次につながり広がりをみせている。表現者としての武器をたくさん持っているように思われるが、自身は「まだまだ全然です」と辛口で、「もちろん毎回ベストを尽くしていますが、出来上がったものを観たとき、反省点はとても多いです」と打ち明ける。

 そこには、尊敬する先輩が常日頃から「満ち足りたと思ってしまったらおしまいだ」と話しているのを聞き、上白石自身も「自分の表現に満足したら止まってしまう」という危機感があるからだという。だからこそ「まだまだ満足できていない現状は、自分にとってはいいことだと思っています」と笑顔をみせた。

上白石萌音

 とは言いつつ、本作で演じたポピーは、上白石によってとてもチャーミングで躍動感いっぱいのキャラクターになっている。「これまで以上に突き抜けた表現が必要だったと思ったのでリミッターを外しました」と大きな挑戦だったことを明かすと、プロの声優たちの職人技にしびれたといい、「せっかくこうやって挑戦させていただける以上は、もっと上を目指したい」と意欲をみせた。

[PR]

 ポピーはやや先走ってしまう部分もあるが、一生懸命で愛されキャラだ。上白石自身も今年放送され大きな反響があった連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」のヒロイン役もそうだが、“愛されキャラ”という部分では共通点があるように感じられる。

 「すごくありがたいなと思う一方で、作品は編集されているものでもあり、わたしの中では作品での自分と、普段の自分は切り離すようにしています」と上白石。以前はパブリックイメージにがんじがらめになって、「『いつも笑顔でいなきゃ』とか、『いい子でいなきゃ』って悩んでいたときもあったんです」と振り返ったが、「最近は自分の中で線引きできるようになって、楽になりました」と清々しい顔を見せた。

 「真っ白でいること」は、どんな色にでも染まれるということ。声のお芝居も「自分主体ではないところが楽しい。特にトロールたちは、とても表情が豊かなので、彼女たちに歩み寄るために想像する時間は、とても難しいけれど面白い作業でした」と目を輝かせる。

 現在は新型コロナウイルスの感染拡大で、ソーシャルディスタンスを意識した新しい生活様式が推奨されている。「今の時期だからこそ、トロールたちのハグタイムなんて最高の時間ですよね。こんな風に底抜けにハッピーな時間が早く戻ってきたらいいなと思える、今必要とされる空気感を持った映画だと思います。わたしは今この作品に出合えて心から良かったと思っています」と思いを語っていた。(取材・文・撮影:磯部正和)

映画『トロールズ ミュージック★パワー』は10月2日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]