『ザ・スーサイド・スクワッド』スピンオフシリーズ製作決定!ジェームズ・ガンが監督&脚本

ジョン・シナ演じるピースメーカーのキャラクターロゴ(画像はジェームズ・ガン監督公式Twitterのスクリーンショット)
ジョン・シナ演じるピースメーカーのキャラクターロゴ(画像はジェームズ・ガン監督公式Twitterのスクリーンショット)

 米ワーナー・メディアは現地時間23日、DC映画『ザ・スーサイド・スクワッド』(2021年8月6日全米公開)のスピンオフシリーズ「ピースメーカー(原題) / Peacemaker」を、動画配信サービス「HBO Max」向けに製作すると発表した。主演は、映画の主要キャストであるジョン・シナで、ジェームズ・ガンが複数エピソードの監督と脚本を担当する。

【画像】『ザ・スーサイド・スクワッド』はハーレイ・クインも新ビジュアル!

 本作は、『ザ・スーサイド・スクワッド』でジョンが演じるキャラクター・ピースメーカーの起源を、全8話にわたって描くアクションコメディー。ピースメーカーは愛国心が強く、平和のためなら人殺しもするなど手段を選ばない男だ。ジョンは、ワーナー・メディアが発表した声明で「『ピースメーカー(原題)』でジェームズ・ガンと再びタッグを組める機会ができて、信じられないくらいにワクワクしている。早くみんなに作品を観てもらいたいよ」とコメントしている。

[PR]

 映画に引き続き、スピンオフシリーズでも監督&脚本を兼任するガン監督は、本作について「スーパーヒーロー、スーパーヴィラン、そして世界一の嫌われ者の視点を通して、現代社会の問題に切り込む」と説明。「『ザ・スーサイド・スクワッド』の世界観を拡張することはもちろん、ピースメーカーをドラマシリーズでも描けることも非常に楽しみだ」と期待を寄せている。

 スピンオフシリーズにはその他、『ザ・スーサイド・スクワッド』のプロデューサーであるピーター・サフランが製作総指揮として参加する。撮影は2021年初頭を予定しており、ガン監督は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ第3弾の前に、本作を仕上げることになる。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]