松井玲奈、理想と現実の差で悩んだ経験 役を通して「私自身の悩みも軽くなった」

『魔女見習いをさがして』で3人のヒロインのうちのひとり、ミレ役を務めた松井玲奈
『魔女見習いをさがして』で3人のヒロインのうちのひとり、ミレ役を務めた松井玲奈

 女優や小説家としても活躍している松井玲奈が、テレビアニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年記念作品『魔女見習いをさがして』(11月13日公開)のヒロインのひとりとして声優を務めた。「おジャ魔女どれみ」の大ファンだという松井は、「自分の大好きな作品だからこそ楽しみにされているファンの方の気持ちもすごくよく分かるんです。大切な映画を台無しにするわけにはいかない」と、並々ならぬ作品愛と緊張感をもって演じたそう。自身のキャラクターに共感したポイントや、その胸の内に抱くアニメや声優へのリスペクトと情熱を語った。

【動画】松井玲奈、大ファンの石田彰との共演に「信じられない!」

演じるうちに自身の悩みも軽くなった

魔女見習いをさがして
(C) 東映・東映アニメーション

 映画は、テレビアニメシリーズのオリジナルスタッフである佐藤順一監督、脚本の栗山緑、総作画監督の馬越嘉彦らが再集結した完全新作。「おジャ魔女どれみ」を観て育った3人のヒロインが、魔法玉によって巡り会い旅に出かけるという、大人のための新たな魔法の物語だ。松井は、帰国子女のキャリアウーマン・吉月ミレの声を演じている。

[PR]

 映画の収録に際して、「おジャ魔女どれみ」シリーズを見返したという松井。「子どもの頃は、魔女になって魔法を使いたいっていう憧れが強かったんですが、大人になってから見返すと、すごくメッセージ性のある内容が描かれていたことに気づきました。友だちの大切さや、それぞれに悩みがあること。そして、どれみちゃんたちが自分と同じように喧嘩をしたり、うまくいかなくて挫折しそうになったり、がんばったり……そんな一喜一憂する姿に励まされ、共感していたことに気づきました。今だからこそ、より心に染みる部分がありますね」

 自身が演じたミレが抱えている悩みは、帰国子女であるがゆえに少し特殊だと語る。「ミレは、思ったことを言うことが当たり前だと思って生きてきたんです。でも日本の文化の中で働こうとすると、悪く捉えられてしまったりする。やりたかった仕事なのに、人間関係が原因でうまくいかないという問題で葛藤しているキャラクターなんです」。普段はなかなか経験できない設定をもつキャラクターを、松井はどのように演じていったのだろうか。

 「でも帰国子女という面を抜きにすると、やりたいことをやっているはずなのにそうじゃない部分でうまくかみ合わずに悩んでしまうという状況は私にも経験があるので、共感できたんです。そして、(ヒロインの)ソラとレイカと出会ったことで、ミレの悩みが少しずつ薄れていく。今まで意識していませんでしたが、自分にもそういう悩みがあったことに演じていて気づきましたし、ミレと一緒に私自身の悩みも軽くなった気がします」

[PR]

 自身とキャラクターとの共通点については「私もミレと同じように、思ったことをズバッと言ってしまうことがあるんです」と明かす。「正論を伝えているのに、それが悪とされてしまうことがなぜ起きるんだろうって感じたことがあって。でも、確かに正しいことを伝えることは間違いじゃないけれど、伝え方も大事だなって気づいたんです。相手との距離感だけでなく言葉の距離感もちゃんととって、相手への思いやりを持ったうえで伝えることの大切さを、なんとなく感じていて。それが、今回ミレを演じたことで、ストンと腑に落ちたんです。なので、ミレに出会えてよかったなと思いました」と今回の役との巡り合わせに感謝した。

憧れの声優・石田彰との共演は「青天の霹靂」

魔女見習いをさがして
(C) 東映・東映アニメーション

 ミレの会社の後輩社員・矢部を演じたのは声優の石田彰。松井は、石田との共演は「いちファンにとって青天の霹靂(笑)」と思い出しながら顔を赤くする。「もともと石田さんが出演されている作品が大好きでしたし、乙女ゲームもいくつもプレイしていたので 、まさか共演させていただけるなんて。しかも先輩後輩の役どころで、会話するシーンまであるなんて、信じられませんでした。『この石田彰さんはあの石田彰さんですか!?』ってスタッフさんに何度も確認してしまいました」と笑いをこぼす。

 また、石田の収録を見学しに行った際には、監督から「松井さんもテストで入ってみれば?」と予想だにしない提案があったという。

[PR]

 「その日は私の収録はなかったので、そんなつもりで来てなかったんです。ブルブル震えながら石田さんのお隣で演じさせていただいたのですが、すごく丁寧に教えてくださいました。プロの声優さんたちがどういう息遣いで演じられているのか、一緒に演じさせていただくことで学ぶこともありましたし、どういう空気感や間でキャラクターがしゃべっているのかを掴むことができたので、本番の収録の日も自然に演じることができました。貴重な経験をさせていただけたことがうれしかったです」。これまでにも声優経験があり、プロの技術の難しさを知っている松井だからこその謙虚さと勉強熱心な姿勢が垣間見える瞬間だった。

「好き」という気持ちが魔法になる

魔女見習いをさがして

 本作のヒロインたちは、大人になった今だからこその魔法を見つける。松井にとっての魔法は「好きなものに対する瞬発力」だそう。「まっすぐに走っていける瞬発力や好きっていう気持ちの強さは、魔法かなと思います。例えば、新しいアニメ作品と出会ったとき。好きって思った瞬間には、その作品が作られた経緯を調べたり、グッズをチェックしたり、この先のイベントを調べたり、実際にイベントに参加したりしています(笑)。他にも、私はかき氷が大好きなんですが、おいしそうなお店を見つけるとオフの日に朝イチで並びに行くことも」。

 「今はまだ難しいですが、いつかまた好きな作品の聖地巡礼ができるようになるといいですよね。映画の中でミレたちも、どれみの聖地巡礼をして喜んでいましたが、その気持ちがよく分かります。好きだからこそこだわれるし喜べる。そこでの感動は、また頑張ろうっていう気持ちにつながると思うので、『魔女見習いをさがして』で描かれているものには共感することばかりでした。好きって思う気持ちは、生きる活力です」。作品だけでなく、作品を思う気持ちも大切にできる松井。そんな彼女の思いは、観た人の心にきっと響くに違いない。(取材・文・写真:実川瑞穂)

松井玲奈、大ファンの石田彰と共演「信じられない!」映画『魔女見習いをさがして』インタビュー » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]