ディズニー&ピクサー『ソウルフル・ワールド』劇場公開断念、Disney+で12.25配信

「Disney+(ディズニープラス)」で独占配信される『ソウルフル・ワールド』
「Disney+(ディズニープラス)」で独占配信される『ソウルフル・ワールド』 - (C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、12月11日に劇場公開予定だった、ディズニー&ピクサーの新作アニメーション『ソウルフル・ワールド』を、12月25日より、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で独占配信すると発表した。

 もともと今年夏の公開を予定していた本作は、新型コロナウイルスの影響により、本国アメリカの公開が伸びたことで、12月11日に公開日が変更されていた。すでにアメリカでも劇場公開を断念し、Disney+のみでの配信となることが発表されている。

 ディズニー・ジャパンでは今年9月、やはり年内公開を予定していた実写映画『ムーラン』を、Disney+での配信に切り替えた。『ムーラン』はプレミアアクセス料金を追加で支払う配信形式となっていたが、『ソウルフル・ワールド』は、Disney+会員であれば視聴することができるという。

 『ソウルフル・ワールド』は、『インサイド・ヘッド』などの監督で、ピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるピート・ドクターによる最新作。ジャズミュージシャンに憧れるニューヨークの音楽教師ジョーが、大切なライブの直前に迷い込んだ、人間が生まれる前に個性や才能を決める“魂<ソウル>の世界”から抜け出そうとする姿を描く感動作となっている。(編集部・入倉功一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]