映画『たぶん』木原瑠生、小野莉奈、寄川歌太、吉田美月喜ら出演!

フレッシュなキャストが集結!
フレッシュなキャストが集結! - (C)ソニー・ミュージックエンタテインメント

 音楽ユニット・YOASOBIの第4弾楽曲の原作小説「たぶん」を原案とする映画『たぶん』(11月13日公開)のメインキャストが発表され、木原瑠生小野莉奈寄川歌太吉田美月喜黒澤はるかめがね糸川耀士郎の出演が明らかになった。

【写真】<8枚>透明感すごい!吉田美月喜

 本作は三組の男女がつむぐ切ないショートストーリーで構成される。大学生カップルで同棲をしていたが気持ちのズレを感じて別れを選んだササノとカノン、夏の大会が自粛で中止となってしまった高校サッカー部員・川野とマネージャー・江口、社会人で恋人同士だがお互いの気持ちに応えられなくなっているクロとナリの物語をYOASOBIの楽曲「たぶん」が彩る。

[PR]

 メガホンを取る『リプレイガールズ』『古都』などの Yuki Saito 監督は「『多分(たぶん)』と『屹度(きっと)』いう対義語を同時に使いたくなる繊細な気持ちを、次世代を担っていくフレッシュなキャストたちとともに表現していきたいと思います」と意気込みを語る。原案のしなのは「三組の、それぞれどんな二人の世界が描かれるのか、とても楽しみです。映画『たぶん』が観られる日が、待ち遠しいです」とコメントしている。各キャスト、スタッフのコメント全文は以下の通り。(編集部・海江田宗)

<木原瑠生(ササノ役)>
僕は普段から「絶対」という言葉をなかなか使わない人間です。そのなかで今回は「たぶん」という言葉がフィーチャーされている作品です。「たぶん」「きっと」こうなればいいなという人の理想や後悔をササノという人を通して、皆さんに共感してもらえるように頑張ります。

<小野莉奈(カノン役)>
こんにちは! 小野莉奈です。この度、映画『たぶん』に出演することが決まりました。この作品への出演は私にとって本当に嬉しくて夢のようです。なので1シーン1シーン後悔のないうように丁寧に取り組みたいと思います。よろしくお願いします。

[PR]

<寄川歌太(川野役)>
YOASOBIさんは小説から曲を生み出されていて、僕はそのなかでも「たぶん」がお気に入りでした。その「たぶん」が映画化され僕が出演させていただけることになり、とてもワクワクしています。同じ物語から曲と映画が生まれ、それを僕が演じることでまた何か新しい「たぶん」が生み出せたらと思っています。楽しみにしていてください。

<吉田美月喜(江口役)>
私が演じる江口の優しさを温かく丁寧に伝えられたらなと思っています。新しい日常のなか、様々な変化がある今だからこそリアルに共感できる部分が多いと思います。また、YOASOBIさんの曲は好きでよく聴かせていただいているので、今回この作品に出演できることがとても嬉しいです。キャスト、スタッフの皆さんと一緒に、多くの人から愛されている「たぶん」の世界感を一生懸命作り上げていきます。

<めがね(ナリ役)>
ナリ役を演じます。めがねです。私事ですが、最近失恋をしまして、このタイミングでナリ役を演じさせていただけるのは……嬉しくもあり、ちょっと複雑な心境だったりもします笑。歌詞にも原案にも、『分かんないよ』という言葉があり、この言葉こそが、たぶん恋愛の全てなのかな。と感じました。惹かれ合うのも、離れるのも説明なんてできなくて『たぶん分からない』あの感情を大切に、ナリちゃんになれたらいいなと思います。

[PR]

<糸川耀士郎(クロ役)>
映画『たぶん』にてクロを演じます、糸川耀士郎です。小説・音楽・映画と広がり続けるYOASOBIさんの世界に入り込めること、大変嬉しく思います。曖昧な言葉・空気感のなかでそれぞれの揺れ動く気持ちがリアルに表現できるよう、精一杯演じたいと思います。公開を楽しみに待っていただけたら嬉しいです。

<しなの(原案)>
小説「たぶん」はとても短く、そして不確定な部分をあえて作った作品です。映画『たぶん』は三つのストーリーで構成されるとうかがっています。一つではなく、三つ。小説で読み手の想像に委ねた不確定な部分や余白に、色や形を三様につけてくださったものと私も新たな出会いをさせてもらうことになります。そしてそれは、小説からだけではなく、楽曲「たぶん」から呼び起こされる印象を纏っていることでしょう。 三組の、それぞれどんな二人の世界が描かれるのか、とても楽しみです。映画『たぶん』が観られる日が、待ち遠しいです。

<Yuki Saito(監督)>
「多分(たぶん)」と「屹度(きっと)」いう対義語を同時に使いたくなる繊細な気持ちを、次世代を担っていくフレッシュなキャストたちとともに表現していきたいと思います。加速度的に時代の波に乗るYOASOBIさんとのコラボにも胸が高鳴っています。同じ小説から生まれる音楽と映画が劇場で一つになる瞬間をお楽しみください。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]