綾野剛×常田大希×藤井道人!『ヤクザと家族』millennium paradeが主題歌を担当

カリスマがタッグ!
カリスマがタッグ! - (C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

 綾野剛舘ひろしが初共演する映画『ヤクザと家族 The Family』(2021年1月29日公開)の主題歌を King Gnu常田大希が率いる音楽集団 millennium parade が担当することが発表され、同作のために常田が書き下ろした楽曲「FAMILIA」をおさめた予告編映像が公開された。

【動画】『ヤクザと家族 The Family』予告編

 本作は監督・脚本を藤井道人監督が務め、『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞で作品賞など主要3部門の最優秀賞に輝いたスタッフが再集結した。「ヤクザ」をテーマに1999年、2005年、2019年の3つの時代でヤクザという生き方を選んだ男とその家族を見つめる。少年期にヤクザの世界へ足を踏み入れる山本賢治に綾野、孤独な少年・山本に手を差し伸べて家族という居場所を与える柴咲組組長・柴咲博に舘がふんする。

[PR]

 綾野が脚本を読んだイメージから藤井監督に提案し、 millennium parade が主題歌を担うこととなった。綾野は「映画を観終わった後に、その世界を生きていない第三者の愛が、どうこの作品とお客さまの懸け橋となってくれるのか、今自分たちが心の中に宿している静かなマグマを治癒してくれるのは(常田)大希しかいなかった」と明かしている。

 常田はオフライン(仮編集)状態の映像を観てから楽曲の制作に取りかかった。「『ヤクザ』を題材にしている作品ではあるけれども、かといってヤクザ映画というそういう印象は全く無くて、多かれ少なかれ誰しもが生きていれば起きえること、生きていれば感じるような普遍的な紡ぎ方がもうオフラインの時点でできあがっていたので、のっかるだけだった」

 完成した主題歌について綾野は「人生最愛のレクイエムが生まれました。“FAMILIA”は私にとって永遠です」とコメント。藤井監督は「こんなに素晴らしい曲でこの映画を終われるならもう思い残すことはない、曲を聴きながら編集作業をしていて、何度もそう思えました」と振り返り、「映像を観ていただいた感覚を曲というかたちですぐに返してくれて、こんなに近いクリエイティブができた経験はめったにないので、本当に嬉しかったです」と続けている。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]