北川景子『ファーストラヴ』緊迫の予告編公開!Uruが主題歌を担当

北川景子『ファーストラヴ』本ビジュアル
北川景子『ファーストラヴ』本ビジュアル - (C)2021『ファーストラヴ』製作委員会

 北川景子が主演する映画『ファーストラヴ』(2021年2月11日公開)の予告編と本ビジュアルが公開された。シンガーソングライターのUruが書き下ろした「ファーストラヴ」が本作の主題歌となり、新作「無機質」が劇中挿入歌として使用されることが発表された。

【動画】緊迫!北川景子『ファーストラヴ』予告編

 第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説が原作で、北川は原作のキャラクター設定にあわせて自らの発案で髪の毛を30センチ以上カットした。心に深い傷を抱えた公認心理師の真壁由紀(北川)が、アナウンサーを志す女子大生・聖山環菜が面接帰りに父親を刺殺した事件を取材していく……。中村倫也芳根京子板尾創路木村佳乃窪塚洋介らが共演。『人魚の眠る家』『望み』などの堤幸彦監督がメガホンを取った。

[PR]

 公開された予告編には緊迫のシーンがつめこまれている。殺人犯の環菜(芳根)に翻弄されて動揺する由紀、敏腕弁護士・庵野迦葉(中村)と由紀の意味深なやり取り、環菜の狂気に満ちた表情などが映し出され、そこにUruの唯一無二の歌声が重なっていく。

 今作は、登場キャラクターの心情を細かく、生々しく描いているシーンが多いため、主題歌・挿入歌はとても大切だと北川は思っていたそう。主題歌の「ファーストラヴ」について「優しく澄んだUruさんの歌声につつまれ、そして、歌詞の『あなたと出逢い 初めて愛を 知りました』の部分がまっすぐ胸に刺さり、試写で聞いた時は涙しました」と振り返り、「Uruさんの歌声で心の澱が流れていくような、浄化されていくような、そんな不思議な気持ちを皆さまにもぜひ感じていただきたいです」とコメントしている。(編集部・海江田宗)

緊迫…北川景子『ファーストラヴ』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]