綾瀬はるか&高橋一生が入れ替わる!?日曜劇場「天国と地獄」初予告

綾瀬はるか(2018年1月撮影)&高橋一生(2020年10月撮影)
綾瀬はるか(2018年1月撮影)&高橋一生(2020年10月撮影)

 来年1月からスタートする綾瀬はるか高橋一生共演のTBS日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」(毎週日曜夜9時~)の初予告が29日、公開。現在放送中の日曜劇場「危険なビーナス」第8話終了後にオンエアされた。

【動画】「天国と地獄」発予告(Twitter)

 綾瀬が日曜劇場初主演を務める本作は、綾瀬演じる主人公の刑事と、高橋演じるサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるさまを描くオリジナルストーリー。予告編では、「わたしにやらせてください!」と捜査に奔走している様子の彩子(綾瀬)、二つの顔を持つ陽斗(高橋)が交互に映し出される。やがて彩子と陽斗の映像がそれぞれぐるりと回転し、最後は両手を頬に当て「えーっ!?」と絶叫する陽斗と、不敵に微笑む彩子の姿で幕を閉じる。

[PR]

 ネット上では、綾瀬&高橋の中身がスイッチした演技をはじめ、高橋のサイコパスぶり、綾瀬のいう「スリリングでコミカルなところもある」ストーリーなどに期待が寄せられている。

 綾瀬演じる主人公の望月彩子は、正義感が強く融通が利かない性格ゆえに煙たがられている35歳の警視庁捜査一課の刑事。ある殺人事件の容疑者を逮捕するチャンスを前に、不運にもその男と魂が入れ替わってしまう。一方、その彩子を入れ替わる日高陽斗(ひだか・はると/高橋)は、表向きは化学畑の研究者であり、若くしてベンチャーを立ち上げた好感度の高いやり手経営者だが、その正体はその類いまれなる頭脳と知識を駆使した殺人鬼という設定だ。高橋にとって日曜劇場への出演は本作が初となる。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]