城桧吏、北川景子は「本当のママのよう」優しさ感じた共演エピソードを披露

北川景子との共演を振り返った城桧吏
北川景子との共演を振り返った城桧吏 - (C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 俳優の城桧吏が5日、映画『約束のネバーランド』の完成記念オンライン祭りに出席し、北川景子の優しさを感じた共演エピソードを披露した。祭りには浜辺美波板垣李光人、アニメ版声優の諸星すみれ伊瀬茉莉也内田真礼も出席した。

北川景子演じる美しきママ…!【写真15枚】

 週刊少年ジャンプで2016年8月から2020年6月まで連載された人気コミックを実写映画化した本作。自分たちが鬼の食料となるために育てられていると知った子どもたちが、暮らしている児童養護施設から決死の脱出を試みる姿が描かれる。

[PR]

 撮影でのエピソードを聞かれた城は、子どもたちの“ママ”ことイザベラ役の北川について「(北川が)現場に入られると空気が変わるんです」と存在感の大きさに驚いたことを告白。「僕が緊張しているのがわかったのか、『緊張しなくていいよ』って背中をさすってくれたんです。本当のママのように優しく接してくれて嬉しかったです」と振り返った。

 また、クールな現実主義者の少年レイを演じている城について、アニメ版でレイの声を担当する伊瀬は「ポスタービジュアルの城くんを見たとき、めちゃくちゃ可愛いと思ったんです」と感想を述べると、「でもレイってどちらかというとクールで情熱を内に秘めるタイプ。キラキラした城くんがどうやって演じるのか興味がありました」と注目していたことを明かす。そんななか、実際できあがった実写映画を観た伊瀬は「『これは紛れもなくレイだ』と思いました。とても嬉しかった」と笑顔をこぼし、城は照れくさそうに「ありがとうございます」とつぶやいていた。

 さらに、この日はいま巷ではやっている「ピストルバンバンゲーム」で実写版チームとアニメ版チームにわかれて対決することに。実写版チームのトリを務めることになった城は、「結構練習した」と自信満々な様子でゲームに挑むと、メンバーのなかでもダントツのスコアを叩き出してチームの勝利に貢献。劇中のレイに匹敵するような好成績に、城もホッとした様子で、浜辺からは「最高! 素晴らしい!」と称賛を浴びていた。(磯部正和)

映画『約束のネバーランド』は12月18日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]