歴史の闇「私宅監置」に光 ドキュメンタリー『夜明け前のうた』公開決定

映画『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』より監置小屋
映画『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』より監置小屋

 かつて日本に存在した、精神障害者を小屋などに隔離する制度「私宅監置」の歴史に迫るドキュメンタリー映画『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』が、2021年3月20日より全国順次公開されることが決定した。

 「私宅監置」とは、1900年制定の精神病者監護法に基づき、精神障害のある人を自宅内の一室や敷地内の小屋などに隔離すること。病気で混乱する人々を、合法的に劣悪な環境に追いやったこの異質な制度は、日本本土では50年後の1950年まで、アメリカ統治下にあった沖縄では1972年まで残り続けた。

『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』ポスタービジュアル

 監督は、沖縄を拠点にこの問題を追いかけ続けてきたフリーテレビディレクター・原義和。原は、1964年に東京から沖縄へ派遣された精神科医・岡庭武氏が記録した写真と当時のメモを頼りに、犠牲者の消息をたどりながら、歴史の闇に光をあてていく。10数年にわたって私宅監置されていたある女性は、監置小屋の中でよく歌を歌っていたという。合法的に人の尊厳を奪ったこの制度。公開された場面写真には、薄暗い場所に建つ、監置小屋の姿が映し出されている。(編集部・入倉功一)

映画『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』は2021年3月20より東京 K’s cinema、4月より沖縄 桜坂劇場ほか全国順次公開

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]