宮崎駿、神木隆之介ら出演 ジブリアニメの魅力に迫る特番放送

「アーヤと魔女」より
「アーヤと魔女」より - (C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

 NHKでは29日、ジブリアニメの魅力に迫る特集番組「いつも“となり”にいるアニメ~最新作『アーヤと魔女』と歴代作品で見せるジブリの全て~」を放送する(午後6:05~6:48・総合テレビ)。出演者に、アニメーション映画監督の宮崎駿宮崎吾朗鈴木敏夫プロデューサー、俳優の朝倉あき神木隆之介寺島しのぶ倍賞千恵子平澤宏々路ら。

【写真】「アーヤと魔女」場面写真

 30日に、初の全編3DCG長編アニメーションとなる新作「アーヤと魔女」の放送を控えるスタジオジブリ(夜7:30~8:52・総合テレビ)。本放送を前に、日本のみならず世界で愛される歴代作品の名シーン、街角や制作に携わってきた人たちの作品に対する思い出や熱い声などを紹介しながら、ジブリアニメの魅力を紐解く。

 「アーヤと魔女」は、映画『ハウルの動く城』の原作者ダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童向け小説が原作。自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、ある日、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まる物語。宮崎駿が企画、宮崎吾朗が監督を務め、第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションにも選出された。声優に平澤宏々路、寺島しのぶ、豊川悦司濱田岳ら。(編集部・石井百合子)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]