ディズニー&ピクサー新作、本編映像公開!イマジネーションあふれるソウルの世界

美しい絵画のような魂<ソウル>の世界
美しい絵画のような魂<ソウル>の世界 - (C)2020 Disney / Pixar.

 映画『モンスターズ・インク』『カールじいさんの空飛ぶ家』などを手掛けた、ディズニー&ピクサーのピート・ドクター監督最新作『ソウルフル・ワールド』から、イマジネーションにあふれた、幻想的な「魂<ソウル>」世界を描いた本編映像が公開された。

【動画】『ソウルフル・ワールド』「魂<ソウル>の世界」本編シーン

 本作は、マンホールへ転落し、生まれる前にどんな自分になるかを決める「魂<ソウル>」の世界へ迷い込んでしまったニューヨークの音楽教師と、生まれる前のソウルの交流を描いた感動作。ジャズピアニストを夢見る主人公ジョーが、元の世界に戻るため、人間に生まれたくないソウルの女の子・22番に“人生のきらめき”を教えようと奮闘する。

[PR]

 公開されたのは、ジョーがソウルの世界に迷い込んでしまう本編シーンの一部。無垢なソウルが集まるこの場所は、青やピンク、紫、緑などカラフルな色にあふれた美しい世界が広がっているが、現世で夢がかなう直前にこの世界に来てしまったジョーは、自分が死んだのではないかと一人で不安な表情を浮かべている。

 ドクター監督が本作で一番大変だったのが、このソウルの世界を一から作り上げることだったという。「ソウルの世界はこの映画の大切な要素です。まず魂がどういう姿をしているのか、どう見えるのかを決めなければなりませんでした。そこで色々なリサーチをしたのですが、魂は形がなく空気みたいなものだと言われていることが多く、実態がないものだったので、私たちはたくさんのアイデアを出し魂のキャラクターを完成させたのです」とそのほとんどを自らのアイデアで創造する必要があったと明かしている。

 ソウルの世界では、さまざまな性格や興味が与えられた後、そのソウルだけの「人生のきらめき」を見つけることで人間に生まれることができる。やりたいことがなく、ソウルの世界に留まり続ける22番に、ジョーはきらめきを伝えることができるのか。

 日本語版ではジョーの声を 浜野謙太、22番の声を川栄李奈が担当。「香水」でブレイクしたシンガーソングライターの瑛人が劇中で歌声を披露するほか、人気声優の木村昴や歌手のJUJUが、日本版エンドソングを歌う。(編集部・入倉功一)

映画『ソウルフル・ワールド』はディズニープラスで配信中

「ソウルフル・ワールド」|本編クリップ「ソウルの世界」|ディズニープラスで独占配信中! » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]