梶裕貴が朗読!「だれかに話したくなる山本周五郎日替わりドラマ」2月に放送

梶裕貴
梶裕貴

 声優の梶裕貴が朗読を務める「だれかに話したくなる山本周五郎日替わりドラマ」が、BSプレミアムにて2月18~19日、2月23~25日のよる7時から放送されることが決定した。

【写真】人気声優の梶裕貴

 短編時代小説の名手としても知られる山本周五郎の短編小説を、ドラマにモノローグや朗読を交えながら構成される1話完結の30分番組(1作品のみ前後編)として映像化。朗読は、「進撃の巨人」のエレン役などで知られる梶が担う。

[PR]

 2月18日は「はたし状」、2月19日は「泥棒と若殿」が放送される。「はたし状」には、柾木玲弥西山潤中島広稀新井郁太宰美緒、「泥棒と若殿」には、西山、柾木、中島、猪野学が出演する。

 2月23日は「晩秋」、2月24日は「女は同じ物語・前編」、2月25日は「女は同じ物語・後編」が放送となる。「晩秋」には、佐藤玲小木茂光塚本幸男安澤千草、「女は同じ物語・前編」には川合諒井頭愛海三上市朗、安澤千草、伊島空、「後編」には太宰美緒がキャストに名を連ねる。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]