「鬼滅の刃」吾峠呼世晴原画展の開催が決定!

「鬼滅の刃」初の原画展!
「鬼滅の刃」初の原画展! - (C)吾峠呼世晴/集英社

 映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が歴代興行収入1位の大ヒットを記録している吾峠呼世晴のコミック「鬼滅の刃」初の原画展となる「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」の開催が決定した。2021年秋に東京で、2022年夏に大阪で行われる。

【画像】再現度すごっ!舞台版「鬼滅の刃」

 「鬼滅の刃」は家族に鬼を殺された主人公・竈門炭治郎が、鬼に変貌してしまった妹・禰豆子を元に戻すため、“鬼狩り”の道へと進むさまを描いたコミック。2016年11号(2016年2月15日発売)より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まり、2020年24号(2020年5月 18日発売)で完結を迎えた。テレビアニメ版が人気を博し、炭治郎が短期間で40人以上が行方不明になった“無限列車”を捜索する任務に就く劇場版も空前のヒットを記録している。

[PR]

 東京では10月26日~12月12日に港区六本木にある「森アーツセンターギャラリー」で開催される原画展では、吾峠呼世晴の想いがつまった直筆原画を展示する。会場では展覧会のオリジナルグッズの販売も行われる予定だ。

 大阪での会期は2022年夏と発表されている。展覧会の詳細は「週刊少年ジャンプ」本誌と、展覧会公式ホームページ、展覧会公式Twitter(@kimetsuten)で今後明らかにされていく。 (編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]