北川景子、中村倫也は「同い年だけどお兄さん」落ち着きぶりに感心

撮影を振り返った北川景子と中村倫也
撮影を振り返った北川景子と中村倫也

 北川景子中村倫也が2日、東京千代田区の神田明神で行われた映画『ファーストラヴ』の公開直前イベントに出席。北川が同い年である中村との共演を振り返って「お兄ちゃんのよう」と評する一幕があった。

【動画】北川景子&中村倫也が登場!イベントの様子【トークノーカット】

 本作は、島本理生の直木賞受賞作を映画化したミステリー。ドキュメンタリー本の執筆を依頼された公認心理師・真壁由紀(北川)が、父親を刺殺した女子大生・聖山環菜(芳根京子)について取材を重ねるなかで、心の奥底にしまっていた自身の記憶と向き合うことになる。中村は由紀の義理の弟で、由紀とともに事件の真相に迫る敏腕弁護士の庵野迦葉を演じている。

[PR]

 節分となるこの日、神田明神にて“除災招福”を祈願したイベントが開催。北川と中村は同い年ということで、お互いの印象について質問が飛ぶ。まずは北川が「動じないところ」と切り出し、「監督からけっこう『こういう風にやってみて』とプランが変わる時があったのですが、涼しい顔で『わかりました』とすぐにできるんです」と感心した様子を見せる。

 北川は「わたしは(PRのために)バラエティー番組や今日のようなイベントに出るときも緊張をしながら、直前まで台本を読んだりするのですが、(中村は)別に楽しんでやればいいじゃんと、ドンとしている。そういう姿に、緊張しなくていいんだと安心するんです。同い年だけどお兄さんぽいというか、落ちついています」とコメント。それに対して中村は「紅白に出た時は緊張しましたが、ここは『宣伝しよう』という場ですから、あまり緊張しないですね」と語った。

 続けて、撮影を振り返った二人。由紀と庵野の大学時代を描いた回想シーンからクランクインしたということで、その時の北川の印象について中村は「人見知りでおとなしい方なのかなと思ったら、現代のパートに移って今の由紀(北川)になると別人なんです。役づくりがすごいな、役に入っていたんだなと」と称賛。北川が「普通に人見知りだったんだと思いますよ」と返すと、中村は「そういう次元じゃなくて、オーラが違いました」と返答した。

[PR]

 さらに、中村は「もう一つ刺激を受けたのはドライ(リハーサル)の時。僕はこんな性格なので、とりあえずやってみようという感じなのですが、景ちゃんや芳根さんは、構えたキャッチャーミットにバーン! と投げてくれる感じ。プロだなと思った」と表現。北川が「(中村は)逆に抜きどころを知っているので、こういう器用な感じでやりたいなと見習う部分がたくさんありました。わたしは不器用なので」と嘆くと、中村も「俺は少しでも楽をしようと思って生きているから。たくさん刺激を受けました」と笑った。

 そんな中村は、緊張しないコツを「イチロー選手は肩じゃなくて膝の力を抜けばいいとおっしゃっていましたが、これはほぼ僕が言ったことにしていいんじゃないでしょうか」と冗談めかして語ると、北川は「知識豊富だから。こういうのがパッと出せるようにわたしもなろう。タイプが違うので、いい刺激があったかなと思います」としみじみと口にした。(取材・文:壬生智裕)

映画『ファーストラヴ』は2月11日より全国公開

北川景子&中村倫也が登場!『ファーストラヴ』公開直前イベント【トークノーカット】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]