『フェイス/オフ』リブート版の監督決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『フェイス/オフ』(1997)より
『フェイス/オフ』(1997)より

 1990年代に大ヒットしたアクション映画『フェイス/オフ』のリブート作品で、映画『ゴジラvsコング』のアダム・ウィンガードがメガホンを取ることが決定したとDeadlineが報じている。

【画像】『フェイス/オフ』フォトギャラリー

 1997年に製作されたオリジナル映画は、ジョン・トラヴォルタニコラス・ケイジ主演で、香港で活躍していたジョン・ウー監督のハリウッド出世作となった作品。互いの顔を入れ替えたテロリストとFBI捜査官の対決を描くアクション大作だ。冷酷なテロリスト、トロイ(ケイジ)に最愛の息子を殺害されたFBI捜査官アーチャー(トラヴォルタ)はトロイを捕らえるが、トロイは時限式の細菌爆弾を街に仕掛けたまま昏睡状態に。爆弾のありかを聞き出すためアーチャーはトロイの顔を移植して刑務所にいるトロイの弟に接近するが、目覚めたトロイもアーチャーの顔を自分に移植し、彼と入れ替わってしまう。

[PR]

 リブート作品は、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツが製作。ウィンガード監督は『V/H/S シンドローム』のサイモン・バレットと組んで、『クロバーフィールド・パラドックス』のオーレン・ウジエルが執筆した脚本を改稿することになっている。

 キャストは決まっていないが、リブート作品ではキャスト陣を一新する予定。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]