阿部サダヲ、16年ぶり長瀬智也&宮藤官九郎とタッグ 「俺の家の話」でムード歌謡披露

「俺の家の話」第6話にゲスト出演する阿部サダヲ
「俺の家の話」第6話にゲスト出演する阿部サダヲ - (C)TBS

 阿部サダヲが、26日に放送されるTBS系ドラマ「俺の家の話」(毎週金曜夜10時~)第6話にゲスト出演し、主演の長瀬智也、脚本の宮藤官九郎とのコラボレーションが16年ぶりに実現することが19日、明らかになった。阿部が演じるのは各地のスーパー銭湯をまわるムード歌謡グループのメンバー。阿部は「今回長瀬君とご一緒して、こんな俳優っていないなぁって改めて思いました。僕が初めてテレビドラマでレギュラー出演させてもらった時も主役は長瀬君でした。その時からずっとなのですが、この人が役に入ると『やばい、殺される!』って思う瞬間があるんです(笑)。『池袋ウエストゲートパーク』の時も『タイガー&ドラゴン』の時もそう、でも不思議とそれが気持ちいい。なかなか無いんですお芝居しててそんな事。久しぶりにあの恐怖が味わえてうれしかったです!」とコメントしている。

【動画】阿部サダヲがカリスマロックスターを熱演したコメディー

 本作は、長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラー・観山寿一(みやま・じゅいち)が、能楽の人間国宝である父・寿三郎(じゅさぶろう/西田敏行)が危篤に陥ったことから25年ぶりに家に戻り、介護と遺産相続を巡る問題に立ち向かう物語。

[PR]

 阿部が6話で演じるのは、カラオケビデオ出身俳優4人で結成したムード歌謡グループ「潤沢」のたかっし。メインボーカルとして歌あり、踊りありのハイテンションな演技を披露するという。

 阿部は、宮藤が脚本を担当したドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(2000)、「タイガー&ドラゴン」(2005)などで長瀬と共演。宮藤の監督デビュー作で長瀬が主演を務めた『真夜中の弥次さん喜多さん』(2005)にも名を連ねた。阿部と宮藤は共に劇団大人計画に所属し、パンクロックバンド「グループ魂」のメンバーでもあり、第56回NHK紅白歌合戦に出場している。

 阿部のコメント全文は下記の通り。(編集部・石井百合子)

<阿部サダヲコメント>
 今回長瀬君とご一緒して、こんな俳優っていないなぁって改めて思いました。僕が初めてテレビドラマでレギュラー出演させてもらった時も主役は長瀬君でした。その時からずっとなのですが、この人が役に入ると「やばい、殺される!」って思う瞬間があるんです(笑)。『池袋ウエストゲートパーク』の時も『タイガー&ドラゴン』の時もそう、でも不思議とそれが気持ちいい。なかなか無いんですお芝居しててそんな事。久しぶりにあの恐怖が味わえてうれしかったです!僕が喧嘩を売らなきゃいけない役なんですけど、肩をまわしながら迫って来る寿一が怖くて思わず笑顔で返してたら監督に直されて(笑)。撮影が終わるといつも思います。こんな素敵な俳優っていないなぁと……本当に貴重な存在です!!西田さんとも久しぶりに共演出来てうれしかったです!!そして能とは違う形で観山家の方たちと舞台に立つ事が出来ました!!是非!!ご覧下さい。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]