ハリウッド版『モンハン』肉焼きシーン公開!松坂桃李&本田貴子が吹き替え

» 動画の詳細

 カプコンの大ヒットゲームをハリウッドで実写化した映画『モンスターハンター』(3月26日全国公開)より、原作ゲームでお馴染みの肉焼きシーンを捉えた日本語吹き替え版本編映像が公開された。キャラクターに声を当てているのは、松坂桃李(ハンター役)と本田貴子(主人公・アルテミス役)だ。

【動画】「モンハン」肉焼きをハリウッド実写化するとこうなる!

 大自然を舞台に巨大モンスターを狩る「モンスターハンター」には、ハンターがモンスターから剥ぎ取った生肉を“こんがり肉”に焼き上げ、スタミナを補給するという演出が存在する。原作の大ファンである監督のポール・W・S・アンダーソンは、この肉焼きシーンを実写で再現。公開された映像には、ハンター(トニー・ジャー)がアルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のためにこんがり肉を振る舞う姿が収められており、原作のように「上手に焼けました~!」と聞こえてきそうな仕上がりとなっている。

 本作に登場するハンターは、人間の言葉ではなくモンハン語を話すため、吹き替え声優の松坂もモンハン語で声を当てている。声優発表の際、松坂は「なんと表現したらよいかわからない不思議な言語のセリフで(笑)。どういうアプローチで、どういう引き出しを開ければ良いのか……。台本読ませていただいたら、一体これはなに語を喋っとるんじゃ? トニー・ジャーは何て言っとるんじゃ?(笑)」と困惑気味だったが、先日開催されたジャパンプレミアムトークショーでは「映像のクオリティーが高くてアフレコをしながら楽しんでしまいました。吹き替え版の音響監督とも、トニーの顔を見ながら言葉の意味について『こうじゃないか?』と予想をしながら演じました」と収録を振り返っている。(編集部・倉本拓弥)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]