美少年たちが惹かれ合う…狂おしくも切ないひと夏のラブストーリー日本上陸

運命的に出会い、急速に惹かれ合う - 映画『Summer of 85』は8月20日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
運命的に出会い、急速に惹かれ合う - 映画『Summer of 85』は8月20日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開 - (C) 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA-PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

 美しき少年たちの初恋と永遠の別れを描くフランソワ・オゾン監督の最新作が、英題『Summer of 85』のまま、8月20日より日本公開されることが決まった。あわせて、エモーショナルなティザー映像も公開された。

【動画】美少年2人が惹かれ合う…『Summer of 85』

 本作は、オゾン監督が17歳の時に深く影響を受けたエイダン・チェンバーズの小説「Dance on my Grave」(「おれの墓で踊れ」徳間書店)の映画化。1985年夏のフランスで運命的に出会った16歳と18歳の少年の、狂おしくも切ないひと夏の初恋を描く。演じるのは、オゾン監督がオーディションで見いだした新鋭フェリックス・ルフェーヴルバンジャマン・ヴォワザン

 今回公開された映像には、ロンクバンド・THE CURE の「In Between Days」を聴きながら、憂いを帯びた表情でダヴィド(バンジャマン・ヴォワザン)との初めての恋を思い出すアレックス(フェリックス・ルフェーヴル)の姿が映し出されている。(清水一)

[PR]
» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]