高山みなみ、1年延期を経て公開に涙!「コナンくんは泣きませんが…」

目に涙を浮かべながら公開への喜びを語った高山みなみ
目に涙を浮かべながら公開への喜びを語った高山みなみ

 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』(4月16日公開)の完成披露試写会が6日に東京国際フォーラムにて行われ、声優キャストの高山みなみ(江戸川コナン役)、山崎和佳奈(毛利蘭役)、小山力也(毛利小五郎役)、池田秀一(赤井秀一役)、日高のり子(世良真純役)、森川智之(羽田秀吉役)、ゲスト声優の浜辺美波(石岡エリー役)が登壇。高山は、新型コロナウイルス感染拡大による公開延期を経て、ようやく作品がファンにお披露目されることに涙を浮かべながら感謝を述べた。

浜辺美波ももらい泣き…完成披露の様子【写真】

 本作は、アニメ「名探偵コナン」の劇場版シリーズ第24弾。世界最大のスポーツ祭典が開催される直前に起きた拉致事件にコナンが挑む姿が描かれる。完成披露のこの日、高山は「コナン映画初の公開延期。キャスト・スタッフはとても苦しい判断でした」と声を詰まらせながらも言葉を紡ぐと「なぜなら、毎年映画を楽しみにしてくださっているコナンファンの思いを知っているからです。そんななか、2021年4月、皆さまのところに、この映画を届けられる日が来ました」と高らかにイベントの開幕宣言を行なった。

[PR]

 その後、笑顔で壇上に登場した高山は、映画を楽しみにしている観客を目の前に「1年分の思いがあふれてしまって……コナンくんは泣きませんが、高山みなみは泣いてしまうんです」と感慨深げ。続けて「感染拡大のときはアフレコもお休みで、私はコナン絶ちをしていたんです。だって思い出してしまうと、みんなに会いたくなるし、寂しくなってしまうので。だから今日、こうしてこの場に立てて本当に嬉しいんです」と感情を爆発させる。

 高山をはじめ、山崎や小山らおなじみのメンバーが作品の出来に自信をみせるが、本作では、謎に包まれた赤井ファミリーにスポットが当たることも映画の大きな見どころ。池田は「最初、テレビシリーズに赤井秀一という役で出させていただいたときは、2~3本で終わると思っていたのですが、まさかこんなに大きく膨らむとは」と笑顔をみせると「今回は特にファミリーを引き連れてご厄介になります」とレギュラー声優陣に頭を下げた。

 そんな池田は、客席に向かって「最近は安室透というのが人気だと聞いていますが」と発言をすると「実は先日、(安室の声を務める古谷徹に)会ったのですが『頑張ってくれよ』と心にもないことを言っていました。安室に負けてなるものかと、精一杯頑張ってつもりです」と発言し、客席を沸かせた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]