ハリウッド版『モータルコンバット』6.18日本公開!真田広之&浅野忠信が出演

日本でもR-15指定に - 映画『モータルコンバット』ロゴ
日本でもR-15指定に - 映画『モータルコンバット』ロゴ - (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 海外で高い人気を誇るゲームをハリウッドで再度実写化した映画『モータルコンバット』が、6月18日より日本公開されることが決まった。通常上映に加えて、IMAX・4DX・MX4D版も公開される。

【画像】『バイオハザード』監督による1995年版『モータルコンバット』

 「モータルコンバット」は、残虐描写が多いことで知られる格闘ゲームで、過激すぎるトドメ技“フェイタリティ”はシリーズを代表する演出となった。同ゲームは、1995年に『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督によって実写化され、1997年には『モータルコンバット2』が公開。今回の再実写版は、『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンらが製作に名を連ねており、本作が長編デビュー作となるサイモン・マクオイド監督がメガホンを取り、新鋭グレッグ・ルッソが脚本を執筆している。

[PR]

 主人公は、胸に龍の形をしたアザを持つ青年コール・ヤング。自らの生い立ちを知らぬまま、総合格闘技選手として戦う日々を送っていたが、ある日、魔界の皇帝が放った最強の刺客サブ・ゼロに命を狙われてしまう。やがてコールは、太古から伝わる格闘トーナメント“モータルコンバット”に選ばれし戦士であることを知り、秘められた力を解放するべく厳しい修行に挑む。

 主要キャストには、真田広之浅野忠信といった日本人俳優が名を連ねており、真田は映画の重要キャラクター・スコーピオンことハサシ・ハンゾウ、浅野は地球上の戦士たちを導くライデンを演じる。そのほか、『デッドプール2』のルイス・タンがコール・ヤング役を務め、コールに協力する女戦士ソニア・ブレイド役で『MEG ザ・モンスター』のジェシカ・マクナミー、特殊部隊の少佐ジャックス役でドラマ「スーパーガール」のメカッド・ブルックス、格闘技が得意なリュウ・カン役で『アクアマン』のルディ・リン、暗殺者サブ・ゼロ役で『ザ・レイド』のジョー・タスリムが出演している。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]